野良アプリをインストールする方法

野良アプリ(提供元不明のアプリ)をインストールする方法

  • 2019年4月18日(木)
  • 2019年4月19日(金)
  • Android
この記事のURLとタイトルをコピーする

Android端末に野良アプリをインストールする手順をご紹介します。

野良アプリとは以下のようなアプリを指します。

  • AmazonアプリストアやGoogle Play以外からダウンロードしたアプリ
  • 自分の端末からAPKファイルを抽出したアプリ

野良アプリのインストールには設定の変更が必要

Google Playを経由せずにアプリをインストールするにはAndroid端末の設定を変更する必要があります。

何故、設定を変更しなければインストールできないようになっているかというと、野良アプリの中には危険性の高いものがあるためです。

もちろん全てが危険なアプリではありませんが、信頼できるアプリかどうか判断してからのインストールをオススメします。

そして、野良アプリインストールした後は設定を元に戻しましょう!

野良アプリ(提供元不明のアプリ)をインストールする手順

野良アプリをインストールする前に、提供元が不明のアプリ(野良アプリ)をインストールすることを許可する必要があります。

デフォルト(初期設定)では、野良アプリのインストールは許可されていません。

バージョンにより多少異なりますので、Android 8.0以降とAndroid 7.1以前に分けました。

Android 8.0以降

Android 8.0以降はインストール時に経由するアプリ毎に許可をする必要があります。

以下の手順ではGalaxyシリーズにプリインストール(購入時からインストール)されていたファイルマネージャー系アプリ「マイファイル」に許可をした例です。

手順はどのアプリでも一緒です。

【1】野良アプリをインストールしようとすると警告ダイアログが表示されます。

セキュリティ上の理由から、お使いのスマートフォンではこの提供元からの不明なアプリをインストールすることはできません。

【2】[ ①設定 ] > [ ②この提供元を許可 ] をオンにする > 端末の [ ③戻る ] ボタンをタップ

不明なアプリをインストールする許可をする

【3】[ ④インストール ] をタップ。

野良アプリをインストールする

以降、マイファイル経由からは野良アプリのインストールが許可されます。

ChromeでWebサイトから野良アプリをインストールする場合は、Chromeに許可を与える必要があります。

インストールしようとすると警告文が出るので上記手順と同じように許可してあげればいいだけなので、特に難しいことはありません。

セキュリティ的にはインストールが完了後に設定を元に戻すことをオススメします。

Android 7.1以前

Android端末の設定アプリを起動 > [ ①セキュリティ ] > [ ②提供元不明のアプリ ] をオンにして [ ③OK ] をタップ。

提供元不明のアプリのインストールを許可する

インストールが完了したら元の設定に戻しておくことをオススメします。

野良アプリのインストールを許可しない設定に戻す手順

野良アプリのインストールが終わったら、提供元不明のアプリの設定を元に戻しておきましょう。

Android 8.0以降

【1】Android端末の設定アプリを起動 > [ アプリと通知 ] > [ 詳細設定 ] > [ 特別なアクセス ] > [ 不明なアプリのインストール ] をタップ。

【2】不明なアプリのインストールを許可したくないアプリを選択 > [ この提供元のアプリを許可 ] をオフにする。

Galaxyシリーズの場合

【1】Android端末の設定アプリを起動 > [ ロック画面とセキュリティ ] > [ 不明なアプリのインストール ] > をタップ。

【2】不明なアプリのインストールを許可したくないアプリを選択 > [ この提供元を許可 ] をオフにする。

Android 7.1以前

Android端末の設定アプリを起動 > [ セキュリティ ] > [ 提供元不明のアプリ ] をオフにする。

インストールが押せない場合の対処方法

起動しているアプリによってはインストールがグレーアウトして押せない場合があります。

対処方法は下記の記事をご覧ください。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク