Evernoteのプレミアムアカウントを安くする方法

【月額300円ちょい】Evernoteをお得にちょっとだけ安くプレミアムプランにする方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

通常だと年額5,200円(約433円/月)のプレミアムプランをソースネクストから販売されているプレミアムパックで月額料金を安くする方法です。

プラスプランをお考えの方も一度最後まで読んでみてください。プラスプランとあまり変わらない価格でプレミアムプランにすることができます。

2018年4月28日追記

2018年4月上旬にプラスプランの受付が終了しました。

ベーシックプラン(無料)とプラス・プレミアムプランの違い

ベーシックプラスプレミアム
同期できる
端末の数
2台制限なし制限なし
ノートを
オフライン使用
デスクトップのみデスクトップ
モバイル端末
デスクトップ
モバイル端末
月間アップロード容量60MB1GB10GB
ノートの上限サイズ25MB50MB200MB
ノートブックの数2501,0001,000
メールをEvernoteに保存×
(1日200通まで)

(1日200通まで)
PDF・Office文書内の
文字検索
××
PDF に注釈を挿入××
名刺をスキャンして
デジタル化
××
ノートをプレゼン資料に
即変換
××
ノート履歴にアクセス××
コンテキスト機能××
カスタムテンプレートの保存×

オフラインノートブック

名前の通りネット環境がなくても見れるノートブックを作ることができるようになります。デスクトップ版のEvernoteですとローカルにも同じデータが保存されるため、ネットに接続しなくてもノートを見たり編集できるのですが、スマホなどのモバイル端末には保存されていないため見ることができません。

プラスプランかプレミアムプランにするとモバイル端末でもオフラインノートブックが使えるようになります。

海外旅行などでネット環境がない場所に行くことがある場合などに役に立つ機能です。

メールをEvernoteに保存

Evernoteに独自に割り振られた転送用のメールアドレスを使い、そこに転送することでメールをEvernoteへ保存することができます。またメールからノートを作成することもできます。メールの件名がノートのタイトル、「@」でノートブックの指定、「#」でタグを追加できます。

ベーシック版では5通までお試しでこの機能が使えます。1ヶ月5通までではなく5通送ったらその後は何カ月経っても有料プランにするまで使えないようです。プラスプラン・プレミアムプランで利用できる機能です。

PDF、Office文書に含まれる文字を検索

ベーシックプラン・プラスプランでもEvernoteに保存した画像内の文字を検索することができます。それに加え、プレミアムプランではPDFファイル、Office(Word・Excel・PowerPoint)の中まで検索の対象になります。

PDFに注釈を挿入

PDFファイルに矢印やコメントなどを書き込むことができるようになります。サポートが終了してしまった「Skitch」と同等の機能です。プレミアムプランだけの機能です。

名刺をスキャンしてデジタル化

こちらもプレミアムプランのみの機能です。モバイル端末のカメラから名刺を撮影すると特別なレイアウトのノートとして保存されます。

名刺の持ち主の電話番号の横の電話アイコンをタップすると直接電話を掛けることができたりします。

###ノートをプレゼン資料に即変換

自分のノートを全画面表示にしてプレゼンを行うことができるようです。プレミアムプランのみの機能です。

ノート履歴にアクセス

Evernoteは1日に数回、変更されたノートのコピーを作成しています。その履歴を閲覧したりエクスポートすることができる機能です。プレミアムプランのみの機能です。

ノートを削除しただけならゴミ箱から復元すればいいのですが、間違って添付ファイルを削除してしまったときや、内容を書き換えたけど戻したい場合など元に戻せないときに、ノートの履歴に残っていれば復元することができます。

以前ベーシックプラン(無料)で使っているときに添付ファイルを間違って消してしまったことがありました。他にバックアップもなく大事なファイルだったのでどうしても戻したくてプレミアムプランにアップグレードしました。

ベーシックプランのときのデータはさすがにないとは思っていたのですが、ノート履歴を確認したらしっかりとベーシックプランだった期間も保存されていて、無事に消してしまった添付ファイルを取り戻すことができました。

頻繁に使う機能ではないですが、バックアップが残っているという安心感は半端じゃないです。

コンテキスト機能

この機能は作成中のノートと関連がありそうな他のノートや日経新聞などの記事が表示されます。思いもよらないノートが表示されたりして結構役に立ちます。プレミアムプラン限定の機能で、邪魔なら非表示にすることもできます。

カスタムテンプレートの保存

2018年9月頃に新しくテンプレート機能が搭載されました。

Evernote公式のテンプレートをそのまま保存して使用することは無料版でもできますが、少し変更を加えたり、自作したテンプレートの保存は、プラスプラン・プレミアムプラン・Businessプランのみ対応しています。

Evernote 公式サイトの料金

まず公式サイトの正規の料金はこちらです。

プラスプランプレミアムプラン
月払い税込360円税込600円
年払い税込3,100円(月額258円)税込5,200円(月額433円)

購入方法は?

  • クレジットカード
  • PayPal
  • Google PlayやiTunes経由でも可能

ソースネクストのEvernote プレミアムパック

Evernoteの公式サイトとは別にソースネクストから期間限定で販売されている「Evernote プレミアム 2年版」があります。

以前は「Evernote プレミアムパック 3年版」と「Evernote プレミアムパック 1年版」がありましたが、2017年頃を最後に完売が続いていて、今回2019年6月に「Evernote プレミアム 2年版」として販売が再開されました。

プレミアムパックを購入するとプレミアムクーポンコードを240ポイント貰うことができます。これをEvernoteアカウントに登録することで1ヶ月10ポイントまたは1年120ポイントでプレミアムプランにアップグレードすることができます。

気になるお値段ですが、公式価格の2年分は10,400円のところ、ソースネクストだと税込8,424円です。

月払い年払い
プラスプラン税込360円税込3,100円(月額258円)
プレミアムプラン税込600円税込5,200円(月額433円)
Evernote プレミアム 2年版税込4,212円(月額351円)

プラスプランに近い価格でプレミアムプランにアップグレードすることができます。

2019年7月31日(水)までで、限定5,000本とのことなのでプレミアムプランの期限が近い方はお早めの購入をオススメします。

タイミング良く割引されていなかったりすると困るので、私はプレミアムプランの期限切れギリギリではなく安くなったときに数年分を購入しておくようにしています。

ポイントだと無料→有料、有料→無料への変更が楽!

ソースネクストから購入したあと、Evernoteアカウントに登録してポイントに交換するのですが、ポイントに交換後はいつそのポイントを使ってもいいんです。

ずっとプレミアムプランで使うなら3年分を一度にプレミアムプランへのアップグレードに使ってもいいんですが、もし基本的に無料のベーシックプランで使って月間のアップロード容量がオーバーした月だけプレミアムプランにしたいというときは10ポイントで1ヶ月分だけアップグレードすることもできます。

もちろんEvernote公式でも月ごとに契約はできるのですが、解約するのに手間がかかります。ポイントだとプレミアムプランにして1カ月経つと自動で無料のベーシックプランに戻ってくれます。

これもソースネクストから購入するメリットだと思います。

ソースネクストとは?

PCのソフトウェアなどを販売している会社です。年賀状などハガキ作成の「筆王」やセキュリティソフトの「ウイルスセキュリティZERO」などが有名でしょうか。

東証1部に上場している会社ですので、得体のしれない企業ではありません。

Evernoteにクレジットカードの番号を教えるのが不安な場合はソースネクストのコンビニ払いがオススメです。

ソースネクストの支払方法

  • クレジットカード
  • コンビニ払い
  • Amazonアカウントでお支払い

Evernote プレミアムパックからのアップグレード手順

1. ソースネクストでEvernote プレミアムパックを購入

下記のサイトにアクセスします。

ソースネクスト公式サイト
EVERNOTE

SOURCENEXT 注文画面

カートに入れると商品の確認と購入者の情報入力画面になります。

SOURCENEXT 注文画面

ソースネクストIDをお持ちなら [ ログインして進む ] からログインします。はじめての購入なら必要な情報を登録し [ 次へ進む ] をクリックします。

SOURCENEXT 情報入力画面

注文の確認画面が表示されるので間違いがないか確認し [ 注文する ] をクリックします。

SOURCENEXT 注文確認画面

注文完了画面が表示されます。ここにプレミアムコードとアップグレードするURLが記載されています。同じ内容のメールも届きますので間違えて画面を閉じてしまっても大丈夫です。

クレジットカードでの支払しかしたことがないので未確認ですが、コンビニ払いの場合は支払い後にプレミアムコードが送られてくるのではないかと思います。

SOURCENEXT 注文完了画面

「シリアル番号」ではなく「プレミアムコード」をEvernoteに登録します。

2. プレミアムコードをEvernoteのポイントに交換

プレミアムコードをもらったら下記のURLへアクセスします。

ソースネクストユーザーの皆さん、Evernoteへようこそ! | Evernote
https://evernote.com/intl/jp/partner/sourcenext/

[ アクティベーションコードを入力してください ] にプレミアムコードを入力し [ 続行する ] をクリックします。

プレミアムコードを入力する

次にアップグレードしたいEvernoteのアカウントに使用しているメールアドレスを入力し [ 入力 ] をクリックします。

Evernoteアカウントのメールアドレスを入力

Evernoteのログイン画面になるので、パスワードを入力して [ ログイン ] をクリックします。

Evernoteのパスワードを入力する

アップグレードしたいEvernoteにログインした状態になるので間違いがないか確認をして [ スタート ] をクリックします。

あと一回のクリックだけです…

[ おめでとうございます! ] の画面が表示されたら [ Evernote Webに移動 ] をクリックしてWeb版へ移動します。

おめでとうございます!画面

3. アップグレードする

Web版に移動するとポイントが加算されていました!プレミアムプランにする期間を1年か1ヶ月か選択します。

Evernoteのポイント確認

すぐにアップグレードしなくても必要になったときにこの画面から手続きすれば即時にアップグレードできます。

Evernoteのポイント利用確認画面

確認画面が出るので [ 確認 ] をクリックすると完了です。プレミアムプランにアップグレードされます。すでにプレミアムプランだった場合は有効期限が延長されます。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク