Sublime Text 3をEvernoteのエディタにする方法

LINEで送る
Pocket

Sublime Text 3のプラグイン(パッケージ)に「Sublime Evernote」があります。このプラグインをインストールすることでSublime Text 3をEvernoteの外部エディタとして使用することができちゃいます。

Sublime Text 3をEvernoteのエディタにすればベーシックプラン(無料版)の利用できる端末が2台までという厳しい制限にも引っかかりません。

しかもMarkdownも使えてしまうのです。

というわけで今回はSublime Text 3とEvernoteを連携させる手順をご紹介します。

スポンサーリンク

導入手順

必要なもの

Sublime Evernoteのインストールの前に下記のものがインストールされていることが前提になります。

  • Sublime Text 3
  • Package Control

まだインストールされていない場合は下記の記事を参考にインストールしてください。

Sublime Text 3の上部メニューにある [ 基本設定(Preferences) ] のメニューの中に [ Package Control ] があればインストールされています。

Sublime Evernoteのインストール

(1)Sublime Text 3の上部メニュー [ ツール(Tools) ] > [ コマンドパレット(Command Palette) ] をクリック。

ショートカットキー
Windows: [ Ctrl ] + [ Shift ] + [ P ]
Mac: [ Command ] + [ Shift ] + [ P ]

コマンドパレットを開く

(2)検索ボックスが現れたら「Package Control: Install Package」と入力 > [ Enter ] キーを押す。

Install Packageを入力

(3)読み込みに少し時間(数秒)がかかる場合もあります。

Install Packageを読み込み中

(4)しばらくすると再び検索ボックスが現れるので「Evernote」と入力して [ Enter ] キーを押します。

Evernoteと入力してEnter

(5)この画面が出たらインストール完了です。

Evernoteプラグインのインストール完了

※一部ピンク色になっているのは「TralingSpaces」という行末のスペースを可視化するためのプラグインをインストールしているからです。

Evernoteアカウントとの連携

次にEvernoteのアカウントと紐づけをします。

(1)Sublime Text 3の上部メニュー [ ツール(Tools) ] > [ コマンドパレット(Command Palette) ] をクリック。

ショートカットキー
Windows: [ Ctrl ] + [ Shift ] + [ P ]
Mac: [ Command ] + [ Shift ] + [ P ]

コマンドパレットを開く

(2)検索ボックスが現れたら「Evernote Settings: Reconfigure Authorization」と入力 > [ Enter ] キーを押す。

Evernote Settings: Reconfigure Authorizationと入力する

(3)Evernoteのログイン画面が表示されますので、必要な項目入力して [ ログイン ] をクリックします。

Evernote Settings: Reconfigure Authorizationと入力する

(4)「Developer Tokens」というページが表示されたら [ Create a developer token ] をクリック。

Evernote Settings: Reconfigure Authorizationと入力する

(5)「Developer Token」と「NoteStore URL」をSublime Text 3に入力します。

Evernote Settings: Reconfigure Authorizationと入力する

(6)Sublime Text 3の下のほうに「Developer Token」を入力する場所があるので、コピペして [ Enter ] キーを押す。

Evernote Settings: Reconfigure Authorizationと入力する

(7)「NoteStore URL」は初めから入力されているので先ほどのEvernoteのサイトに表示されたものと同じか確認をして [ Enter ] キーを押す。

Evernote Settings: Reconfigure Authorizationと入力する

別の端末のSublime Text 3にも同じ設定をする場合

プラグインや設定を共有している場合は必要はありませんが、別の端末にそれぞれ単独でSublime Text 3をインストールしている場合は、Sublime Evernoteのインストール後に次の手順で設定をしてください。

(1)最初にEvernoteのアカウントと紐づけしたSublime Text 3の上部メニュー [ 基本設定(Preferences) ] > [ Packege Settings ] > [ Evernote ] > [ Settings – User ] を開きます。

Developer TokenとNoteStore URLをコピー

(2)そこに先ほど入力した「Developer Token」と「NoteStore URL」が設定されているのですべてコピーして、別の端末のSublime Text 3の [ 基本設定(Preferences) ] > [ Packege Settings ] > [ Evernote ] > [ Settings – User ] に貼り付けます。

これで同じEvernoteアカウントへ紐づけることができます。

スポンサーリンク