Evernote Web版でファイルが添付されないときに確認したいこと

LINEで送る
Pocket

EvernoteはずっとWeb版を使っていますが、何度かファイルが添付されないことがありました。
そのときの原因をまとめました。

スポンサーリンク

症状

ファイルを添付したいノートを開き、アップロード。
クリップマーク > 添付ファイルを選択 > ファイルを添付

Evernote Web版

ちなみに、クリップアイコンが表示されないときは、ノートのメイン部分をクリックすると、上部にメニューが現れます。

しばらくすると「アップロードが完了しました」と表示されるのですが、ノートにファイルは添付されていない。

Evernote Web版

確認したいこと

ファイルサイズ

Evernoteではプランにより1つのノートにアップロードできる容量が決まっています。
これを超えるファイルは添付できません。

ベーシック(無料):25MB
プラス:50MB
プレミアム:200MB

サーバーメンテナンス、サーバー障害

デスクトップ版であれば、メンテナンスやサーバー障害の最中でもローカル環境にデータが保存され回復後に同期されますが、Web版は使用できなくなります。

この画面に切り替わり、しばらくするとEvernote公式サイトのトップページが表示されることもあります。

Evernote Web版 エラー画面

下記のページでメンテナンス、障害情報を確認できます。
Evernote Status(英語)

この場合はメンテナンスが終わるかサーバー障害が直るまでは利用できませんので、待つしかないです。

ブラウザの設定 ― Internet Explorer

IE8以降(IE8、IE9、IE10、IE11)からデフォルトの設定ではアップロードできないようになっているようです。
Javaスクリプトが有効になっていることと、「サーバーにファイルをアップロードするときにローカル ディレクトリのパスを含める」が「有効にする」になっているか確認してください。

ツール > インターネット オプション

IE11 インターネット オプション

「セキュリティ」タブ > レベルのカスタマイズ

IE11 インターネット オプション

「Java アプレットのスクリプト」と「アクティブ スクリプト」、「スクリプトでのステータスバーの更新を許可する」の「有効にする」をクリック。

IE11 セキュリティ設定

「サーバーにファイルをアップロードするときにローカル ディレクトリのパスを含める」を「有効にする」に設定。
「OK」をクリック。

IE11 セキュリティ設定

警告が出るので「はい」をクリック。

IE11 セキュリティ設定

インターネット オプションも「OK」をクリックして閉じます。

IE11 インターネット オプション

起動しているプログラムを全て終了させて、パソコンを再起動します。
再起動しないと設定が反映されないのでご注意ください。

環境

  • Windows 8.1 64bit

スポンサーリンク