ネットストック・ハイスピードの株価ボードからHYPER SBIの登録銘柄に移行する方法

LINEで送る
Pocket

松井証券の取引ツール「ネットストック・ハイスピード」の「株価ボード」に登録した銘柄をSBI証券の「HYPER SBI」の「登録銘柄」に移す方法です。

ネットストック・ハイスピードは他社の取引ツールから抽出したデータを読み込めるようですが、HYPER SBIは他社のデータは読み込めません。

そこで、ネットストック・ハイスピードの株価ボードから銘柄リストをcsvで抽出し、HYPER SBIで読み込めるようにエクセルで編集します。

※csvファイルはテキストエディタ(Windows附属のメモ帳など)でも編集できますが、時間が掛かりますのでエクセルがない場合は手作業でHYPER SBIに登録した方が早いかもしれません。

スポンサーリンク

1. ネットストック・ハイスピードから登録データを抽出

1-1. 移行したいグループを選択し、「エクスポート」をクリック

ネットストック・ハイスピードを起動し株価ボードを出します。
株式情報 > 株式価格情報 > 株価ボード

※全てのグループを一括でエクスポートすることはできないようです。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード

1-2. データ(csvファイル)の保存先を選び「保存」をクリック

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csv 保存

「ファイルへ保存しました。」→「OK」をクリック。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csv 保存完了

2. csvファイルをHYPER SBI用に編集する

2-1. 保存したcsvをエクセルで開く

保存したcsvをエクセルで開く

これがネットストック・ハイスピードから抽出した登録銘柄のデータです。
銘柄名、銘柄コード、市場、時刻、現在地…と並んでいます。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csv

そして、こちらがHYPER SBIから抽出したデータです。
内容は、銘柄コード、銘柄名、取引所(英語)、—-/–/–(日付?)の4項目だけです。

ハイパー SBI csvファイル

厄介なことに銘柄コードの先頭に「’(シングルコーテーション)」が付いていますが、なるべく少ない手順でネットストック・ハイスピードのデータをこれと同じように編集します。

HYPER SBIから抽出したデータには4項目ありましたが、銘柄コードと市場の2項目があれば正常に読み込めるようですので、不要な項目を削除し、必要な2項目だけを書き換えます。

2-2. 不要な部分を削除

A行を行ごと削除します。
D~J列も列ごと削除します。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

2-3. 銘柄名をクリア

セルの中身(銘柄名)だけを削除し、セルは残します。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

2-4. 銘柄コードの先頭に「’(シングルコーテーション)」を追加する

A1のセルに「=”‘”&B1」と入力し[ENTER]を押す。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

すると、銘柄コードの先頭に「’(シングルコーテーション)」が付きます。
A1のセルを選択し、カーソルをA1セルの右下に合わせドラッグアンドドロップで最後の行まで引っ張ります。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

A列に先頭に「’(シングルコーテーション)」の付いた銘柄コードが一気に作成されます。
このままですと、数式によって出された値(答え)が表示されているだけなので、一度コピーして貼り付けのオプションで「値」を選び貼り付け文字列にします。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

セルを選択して数式バーに先頭にシングルコーテーションの付いた銘柄コードが表示されているか確認します。
「=”‘”&B1」などの数式が表示れる場合は、先程の貼り付けが上手くいっていませんので、もう一度確認してください。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

2-5. B列のシングルコーテーションが付いていない銘柄コードを、[Delete]キーでクリア

B列は空白のまま残します。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

2-6. 市場の部分をHYPER SBIに対応する形式に置き換える

東1・東2・東マ・JQは「TKY」、名証は「NGY」、札証は「SPR」、福証は「FKO」に置き換えます。

今回のデータは全て東証ですので「TKY」に置き換えます。
C列の置き換えたいセルを選択した状態で、数式バーに「TKY」と入力し、[Ctrl]キー+[Enter]キーで確定すると選択したセルにデータが一括入力されます。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

A列には先頭にシングルコーテーションの入った銘柄コード、B列は空白、C列には取引所の略語アルファベット、その他は空白になっていることを確認します。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csvファイル

2-7. 保存

「互換性のない機能が含まれている可能性があります。この形式でブックを保存しますか?」というダイアログボックスが出るので「はい」をクリック。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csv 保存

エクセルを終了させる際に再び「変更を保存しますか?」と聞かれますが、先程保存したので「保存しない」をクリックして終了します。

松井証券 ネットストック・ハイスピード 株価ボード csv 保存

3. HYPER SBIで編集したcsvを読み込む

HYPER SBIを起動し、登録銘柄編集を開きます。
メニュー > 各種設定 > 登録銘柄設定

ハイパー SBI csv インポート

「CSVインポート」をクリックして、先程作成したcsvファイルを選択します。
必要ならフォルダ名を書き換え「OK」をクリック。

ハイパー SBI csv インポート

「インポートが完了しました。」→「OK」をクリック。

ハイパー SBI csv インポート

登録されました!

ハイパー SBI 登録銘柄

環境

  • Windows 8.1 64bit
  • HYPER SBI Ver 2.2
  • ネットストック・ハイスピード 最新版(2016年7月3日現在)
  • Microsoft Excel 2010

スポンサーリンク