Google日本語入力でUnicodeを変換する方法

Google日本語入力でUnicodeを変換する方法【PC版】

この記事のURLとタイトルをコピーする

Googleが開発した日本語入力システム(IME)である「Google 日本語入力」はUnicodeのコードポイントを入力して変換できる機能があります。

もうちょっと簡単に言うと、キーボードで「U+1F600」と打って変換して絵文字の「😀」を出す機能です。

コードポイントとは「U+」から始まる暗号のようなヤツです。

逆に、Twitterなどで見かけた絵文字や記号の出し方を知りたいときに、その文字のUnicodeに変換することもできます。

「😀」→「U+1F600」
「ω」→「U+03C9」

今回はこの2つの機能について詳しく紹介していきたいと思います。

この記事でわかること

  • 「U+1F600」から「😀」に変換する方法
  • 「😀」から「U+1F600」に変換する方法

対応しているOS

  • Windows版
  • Mac版

残念ながらスマホ版の「Google 日本語入力」アプリでは非対応なのでPC限定の機能です。

Unicodeから文字に変換する方法

では今回はこのサクラの形をした「✿」を変換してみます。

記号Unicode
U+273F

1Google 日本語入力を有効にして入力モードを [ ひらがな ] にします。

Windows版

タスクバーの中の [ A ] [ あ ] [ ア ] と表示されている場所にマウスを置き右クリック。

メニューの中から [ ひらがな ] をクリックします。

Windows版の入力モードをひらがなにする

Mac版

メニューバーの中の [ A ] [ あ ] [ ア ] をクリック。

メニューの中から [ ひらがな (Google) ] をクリックします。

[ ひらがな ] 入力モードの他にも半角英数の直接入力以外の入力モードならUnicodeから文字に変換可能です。

2「✿」に割り振られたUnicodeのコードポイントは「U+273F」なので、これを入力していきます。

2-1[ Shift ] キーを押しながら [ U ] キーと[ + ] キー

2-2[ Shift ] キーを離して [ 2 ] [ 7 ] [ 3 ] キー

2-2[ Shift ] キーを押しながら [ F ] キー

3変換すると「✿」が出ます。

上手くいかない場合にチェックすること

「U+273F」と入力すること

ただ単に [ U ] [ + ] [ 2 ] [ 7 ] [ 3 ] [ F ] のキーを押せば良いわけではなく、「U+273F」と打ち込む必要があります。

Unicodeのコードポイントを入力

例えばキーボードの [ U ] [ + ] [ 2 ] [ 7 ] [ 3 ] [ F ] を押すとこうなります。

う;273f

これだと変換されないので、[ Shift ] キーを押すことで一時的に英数字モードにしています。

Google 日本語入力の初期設定では [ Shift ] キーを押すと英数字を入力するようになっているのですが、もしならない場合は設定を確認してみましょう。

Windowsはタスクバーの [ A ] [ あ ] [ ア ] を右クリック > [ プロパティ ] をクリック。Macはメニューバーの [ A ] [ あ ] [ ア ] > [ 環境設定 ] をクリック。

Google 日本語入力のプロパティを開く

上部の [ 入力補助 ] > [ シフトキーでの入力切替 ] を [ 英数字 ] にして [ 適応 ] をクリック。

シフトキーでの入力切替

この設定にしておくと、ひらがな入力モード中に [ Shift ] キーを押しながらアルファベットの入力ができます。

最初の「U」は大文字で

最初の「U」は大文字でなければ変換されません。

最後の「F」は小文字でも変換されますが、最初の「U」は「u」ではなく大文字の「U」です。

× u+273f
○ U+273f
○ U+273f
最初の「U」は全角、半角どちらでも大丈夫です。

文字をUnicodeに変換する方法

Google 日本語入力では文字を再変換してUnicodeのコードポイントに変換できます。

1変換したい文字をコピーします。

Unicodeを知りたい文字をコピーする

変換できるのは1文字だけです。

2メモ帳などに貼り付けて、変換したい文字を1文字だけ選択状態にする。

Windowsは [ 変換 ] キーを押す。Macは [ かな ] キーを2回押して再変換します。

Unicodeを知りたい文字をコピーする

検索候補の中にUnicodeのコードポイントが出てきます。

再変換するときのキーはそれぞれ以下の場所にあります。

WindowsのJIS配列キーボード

WindowsのJIS配列キーボードの変換キー

MacのJIS配列キーボード

MacのJIS配列キーボードの再変換キー

まとめ

頻繁に使うわけではないですが、覚えておくと便利な機能ですね。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク