指名料をもらえる認定ランサーを目指そう!ランサーズ

LINEで送る
Pocket

昨年の10月頃にクラウドソーシングのランサーズに登録してから半年くらい経った頃、ランサーズの認定ランサーに選ばれました。

マイページに「あなたは現在認定ランサーです」と表示

認定ランサーになるとプロジェクト方式(固定報酬制)の案件で「認定ランサー指名料」として総依頼額に対し0.3%もしくは50円のいずれか高い方をもらえるようになります。金額は小さいですがもらえないよりはいいですよね。

認定ランサー指名料

これは何かというと認定ランサー補償サービスというものです。

認定ランサーの皆様にクライアント様がお仕事を依頼をされた際に、当該クライアント様がトラブルに巻き込まれたと判断してランサーズ事務局にトラブルの申請をした場合、ランサーズ及び保険会社がご依頼代金及び諸経費を負担するサービスをリリースさせていただくことにになりました。
2015年10月7日

認定ランサーの皆様への発注につきまして(クライアント向け) | クラウドソーシング「ランサーズ」
https://info.lancers.jp/17916

クライアントは認定ランサーに依頼をする場合、認定ランサー補償をつけなければならなくなり、総依頼額に対し2%が加算されます。少しでも安く依頼したいというクライアントさんからは認定ランサーは避けられてしまうこともあるかもしれません。

ただ今は無料期間が続けられているようなのでクライアント側の負担はゼロでランサー側が認定ランサー指名料をもらっている状況です。

スポンサーリンク

認定ランサーとは?

「認定ランサー」とは、ランサーズに登録しているプロの中から、ランサーズが定める基準をすべて満たしたランサーを指します。全てのスキルのランサーが対象です。

認定ランサー検索 | クラウドソーシング「ランサーズ」
http://www.lancers.jp/expert

ランサーから選考に応募するわけではなく、ランサーズの行う月に一度の審査に合格すると「[Lancers] 認定ランサー認可のお知らせ」というタイトルのメールが送られてきて認定ランサーとなれるようです。

認定基準とは?

認定ランサーになるには以下の条件を満たしている必要があります。

1. 24時間以内の返信率が80%以上

返信率は、過去1年間に【相手に返信したメッセージ】のうち、【24時間以内に返信したメッセージ】の割合を指します。
※メッセージの返信を5件以上行っている方のみ対象です。

返信率 = 24時間以内に返信した数 ÷ 返信した数

始めたばかりの頃は仕組みを知らなかったため、24時間以内に返信しているはずなのにどんどん返信率が下がっていきました。

例えばプロジェクトの打ち合わせをしていて、こんな感じで一旦メッセージのやり取りが終了したとします。

ランサー: 「〇〇の件、承知致しました。またご連絡致します。」
クライアント: 「宜しくお願いします。」

数日後に

ランサー: 「お世話になっております。〇〇の件ですが…」

と、クライアントからのメッセージに24時間以上経ったあとに再びメッセージを送ってしまうと返信率が下がってしまいます。

この場合は [ メッセージ ] ページの [ 新規メッセージを作成 ] から連絡をすることで返信率が下がるのを回避できます。

新規メッセージを作成から返信すると返信率は下がらない

それから、「返信率 = 24時間以内に返信した数 ÷ 返信した数」ですので、返信をしない場合は返信率に影響はありません。

「プロフィールを見てご連絡させていただきました。」と書きつつ私とは全く関係のない仕事のお誘いメッセージにも毎回24時間以内にお断りの返信をしていたのですが、こういった場合は返信しなければよかったということです。

2. 仕事完了率が90%以上

こちらはプロジェクト形式とタスク形式が対象で、コンペ形式は対象外です。受けた仕事をきっちり終わらせていれば問題ないです。

3. 過去1年の獲得額合計がカテゴリの中で上位20%以内

獲得額の合計がどの程度で20%に入れるのかわかりませんが、それほど難しい金額ではなさそうです。

4. 過去1年間の平均評価が4.8以上

相手に満足してもらえるような仕事をしましょう。

5. 計9箇所のプロフィール項目の記入

  • 自己紹介文
  • プロフィール写真
  • 表示名
  • 経歴資格
  • スキル
  • 本人確認
  • 機密保持確認
  • 電話確認
  • ランサーズチェック

これに関しては認定ランサーのためというよりはプロジェクト形式の提案をするときにも採用されやすくなるので、書けるものは全て書いておくことをオススメします。

認定ランサーのメリット

1. 提案ページなどに認定マークがつく

提案ページに認定マークがつく

提案時にこのマークがついていると少しだけ有利なきもしますが、認定ランサーになる前とあとで採用率が上がったようにも感じません。提案の内容のほうが重要な気がしています。

2. 認定ランサー検索に掲載される

認定ランサーのみが掲載されるページで、クライアントからの直接相談されたり個別の依頼が増加します。と公式サイトには書かれています。確かにたまに来ますが今のことろ返信しようと思える感じのメッセージは来ません…。

3. メルマガ等への掲載

認定ランサーになることで、サイト内の各種ページに「おすすめランサー」として紹介されます。と書かれていますが、自分が紹介されたことがあるのかわかりません。

4. おすすめ案件を紹介してもらえる

1件受注させていただきました。とても良いクライアントさんでした。

5. サポート優先対応

利用したことがありません。

6. チャットサポート

利用したことがありません。『※試験運用のため、一部のお客様より導入いたします。』だそうです。

7. 認定ランサー指名料がもらえる

少額ではありますが、これが一番のメリットではないでしょうか。

まとめ

私がそうなんですが、「認定ランサー=すごく稼いでる」というわけではありません。ライティングだと上位20位以内の獲得額もそれほど高額ではないようです。

つまり認定ランサーまでの道のりはそれ程厳しくはないので、一つの目標として目指してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク