ランサーズに登録して1週間、報酬額は……

LINEで送る
Pocket

ランサーズに無料会員登録をしてから1週間が経過しました。

さて、1週間の結果は……

ランサーズ 登録から1週間後の実績

獲得合計額379円、1依頼当たり16円。
ここに表示される獲得合計額というのは、ランサーズ手数料引かれる前の金額のようです。
ここから更に20%が引かれた額が報酬になります。

作業の数は52になっていますが、タスク方式の場合は、「作業完了→承認待ち→承認→支払」となるようなので、まだ支払われていない案件がたくさんあります。
ですので、実際にはもう少し稼げているとは思います。
それでも1,000円はいかないと思いますが。

この金額をどう思うか。
それはクラウドソーシングに何を求めるかによるのでしょう。
ポイントサイトに比べれば稼げていると思います。
ただお小遣い稼ぎと呼ぶには寂しい。
副業とは程遠い……

スポンサーリンク

1週間でやったこと

とにかく慣れるために数をこなした

1日に数回ランサーズを覗いて、できそうなタスク方式の依頼があればやるって感じでした。

最初はとにかく数をこなしてランサーズのシステムに慣れようと思い、簡単にできるものをやっていきました。
やったのは検索結果を報告するもの、アンケート、記事作成。

検索結果を報告する案件は作業時間が6分くらい掛かり5円~20円くらいです。
これは割に合わないので今後はやりません。
アンケートはたまにお得なのがありますので、そういったものだけやります。

タスク方式でそれなりの収入を得るには記事作成が一番効率が良さそうです。
私は文章を書くことが苦手なので得意分野がテーマになっていて、最大でも400文字くらいのものしか手を出せませんでした。
本格的なライティングではなく、「日記のような文章で」というもの中心にやりました。

初めてプロジェクトに提案してみた

タスクのやり方はわかってきたので、そろそろプロジェクトをと考えていたところ、自分にもできそうな依頼を見つけたので、初めての提案をしてみました。
1文字1円のライティングの依頼です。
1,000文字でしたが、詳しく書けそうなテーマだったのです。

プロジェクトページの「提案する」をクリックすると提案の書き方のテンプレートがあったので、それを元に必要なさそうな部分は削って書いてみました。
完了予定とか提案金額は、クライアントが依頼の詳細に納期と報酬について書いてあったので、その通りに設定しました。

ランサーが貰う報酬に消費税がつくので、1,000円の報酬金額を設定すると消費税込みで1,080円が報酬金額になります。
更にクライアントはランサーズにシステム手数料も加算されるので、「1,000文字、1,000円」の依頼でランサーがそのまま1,000円で提案してきた場合、支払うのは1,350円(消費税80円、手数料270円)となるようです。
ややこしい……
正直よくわかってませんでしたが、数時間後には募集が締め切られてしまうので勢いで提案をしました。

次の日、ランサーズにログインしてみたら提案数23の中から1名が選ばれていました。
選ばれなくても自動送信のメールくらい来るだろうと思ってたんですが何にも来ないんですね。

今回は残念な結果でしたが1歩進めたので良しとします。

スポンサーリンク