ランサーズを始める前に知っておきたいこと

LINEで送る
Pocket

お小遣いを稼ぎたい、副業したいと考えたときに一度は辿り着くであろうクラウドソーシング。
クラウドソーシングにも色々ありますが、大手だとクラウドワークスかランサーズでしょうか。

だいぶ前からクラウドソーシングの存在は知っていましたが、残念なことに私にはクラウドソーシングで活かせそうなスキルはなにもありません。
クラウドワークスやランサーズは会員登録していなくても、どんな仕事があるのか見ることができますが、ホントできなそうなものばかりで絶望しました。

それが最近になって始めたのは、仕事を辞め時間があったというのが一番の理由です。
やってみたら意外になんのスキルも持っていない私でもたった2ヶ月で約5万円、3ヶ月目で18万円を稼げるようになりました。

やってみればなんとかなる

最初は自信がなく尻込みしていました。
私はネットショップの仕事をしていたので、ショッピングモールに商品を登録するものや、商品の画像作成に挑戦してみました。
商品登録はデータを入力するだけですから単価が安いものが多いのですが、まずは何でもいいのでやることだと思います。

経験のなかったライティングはこのブログに書いているようなレベルでも大丈夫です。
もちろんクオリティを上げる努力はしなければいけませんが。

仕事が終わったあとにクライアントさんから褒められたら嬉しいですし自信にもなりますから、まずはやってみることが大事だと思います。
そして、仕事をしながらスキルアップしていくことが重要だと感じています。

スポンサーリンク

どんな仕事があるの?

システムの開発・アプリ制作・Webデザイン・ロゴデザイン・翻訳など経験や知識がないとできなそうなものから、ライティング・口コミ・アンケート・データ入力などスキルがなくてもできるものもたくさんあります。

特別なスキルを必要としないものでは、「〇〇がテーマの記事」や「〇〇の体験談」、「日記のような文章を250文字以上で」など、日本語を書けるならできるライティングというカテゴリーがあります。
文章を書くことが好きなら是非やるべきだと思います。
私は文章を書くのは苦手ですが、何件かこなしているうちに少しずつですが苦ではなくなってきました。
「ライティング」って言われると腰が引けますが、意外と普通の文章で大丈夫なようですし、こなしてるうちに以前よりも文章が浮かぶようになってきました。
文字数にも寄りますがだいたい数十円~500円くらいの報酬が多いです。

その他に誰でもできる仕事では、「検索サイトで指定したキーワードを検索して1位のURLをコピペ」、「〇〇についてのアンケート」などの調査系があります。
5円~30円くらいの低額のものが多いです。

スキルが必要ないものは1件1件が安価なため数をこなす必要があります。
初めは単価の安い仕事しかなくても、経験を積んでいくことで自信をつけて、単価の高いものに挑戦できるようになります。

依頼の種類

上部メニューの「仕事をさがす」から、どんな依頼があるのか見てみましょう。

ランサーズ 仕事をさがす

依頼のタイトルの横に「プロジェクト」、「コンペ」、「タスク」というアイコンがついています。
ランサーズにはプロジェクト方式、コンペ方式、タスク方式の3種類のタイプがあり、方式によって依頼の受け方や進め方が異なります。

ランサーズ 依頼方式

プロジェクト方式

クライアントが依頼した仕事にランサー(受注者)が納期や見積もりなどを提案します。
その提案の中からクライアントがベストな人を選び、作業が開始されます。
クライアントとのやり取りをしながらの仕事になります。
選ばれなかったら仕事はできません。
3万円以上稼ぐならプロジェクト方式での受注を考えた方がいいでしょう。
タスク方式は基本的に単発の仕事なのでやったら終わりですが、プロジェクトでクライアントに気に入っていただけると継続してお仕事をもらえたりします。

コンペ方式

会社のロゴや指定したイラストなどをクライアントが募集します。
ランサーがデザインをある程度作成して提案します。
集まった提案(作品)の中からクライアントが選びます。
選ばれたランサーは報酬を貰うことができます。
コンペの場合、せっかく時間を掛けてデザインを考えても選ばれないと報酬は貰えません。
参加報酬が設定されている依頼に参加すると当選者とは別に上位に選ばれた数名が少額の報酬を貰えます。
社名を募集するネーミングなどもあります。

タスク方式

ひとつの依頼に多数の人が同時に作業を行います。
「ブログに載せる日記を300文字以上で」といったライティングやアンケートなどが多いです。
依頼を見つけたら、すぐに作業に入れます。
募集件数を満たすと締め切られてしまいますが、それまでは早い者勝ちです。
作業開始から120分以内に終わらせる必要があります。
クライアントとのやり取りは一切なく、作業を終えたら承認され報酬が支払われるのを待つだけです。
作業内容によっては承認されず報酬が支払われないこともありますので、依頼内容を良く読みクライアントの希望に沿うように作業します。
プロジェクトのような提案してから選定されるまでの時間などが全くなく、作業だけすればいいのでとても楽です。
ただ単価の安いものが多く
タスク方式のみで月に3万円以上稼ぐことはできなくはないのでしょうが厳しいと感じました。

初めからガッツリ稼げるわけではない

もしあなたに特別なスキルがあるならば別ですが、そうでない場合、簡単に稼げると思って始めるとガッカリします。
ポイントサイトでポチポチとクリックしているよりは貯まると思うくらいで始めるといいかもしれません。

ただ上手くいけば本業にできそうなほどのポテンシャルも感じます。
私自身、始めて2ヶ月目で約5万円、3ヶ月目で18万円を稼ぐことができました。
まだまだ本業とはいきませんが、始めたばかりでこの結果ですから期待はできます。
もちろん仕事をしながらスキルアップをしていかなければこれ以上は厳しいでしょうが。

どれくらい時間を費やせるか、どのくらい本気で仕事として取り組めるかが分かれ目になりそうです。
ちなみに私は休職中なので時間はたっぷり使える環境です。
でも5万円を稼いだ時は1日2時間ほどの作業時間でしたから、副業だとしても充分なお小遣い稼ぎはできると思います。

匿名で仕事ができる

名前を名乗らなくてもできる依頼がたくさんあります。
タスク方式のものは匿名でできます。
ただ依頼者には匿名でOKでもランサーズには氏名、住所、振込先口座情報を登録しないと報酬は貰えません。
個人情報を気にする方にはネットビジネスは向かないと思います。

プロジェクト方式ですと依頼者とのやり取りが発生するので、私は提案の段階では苗字だけを名乗ります。
提案が選定されたあと、相手がフルネームで自己紹介してきた場合は必ず私もフルネームで名乗っています。

依頼者側が会社名も名前も一切名乗らずに完結した仕事もあります。
たいてい苗字くらいは名乗ってきますが、実名じゃなくてもバレることはないでしょう。
でもそこそこ長いお付き合いになる場合もあるでしょうから、私は実名でやっています。

スマホでもできる?

ランサーズのサイトはスマホにも対応しているようです。
ですが、PCがなくスマホだけでやっていくとなると受けられる依頼が相当限られてしまいます。
タスク方式のライティング作業ならできました。

利用料は無料、でもシステム手数料と振込手数料がかかる

会員登録をする分には料金はかかりません。
依頼を受けて戴く報酬にシステム手数料がかかります。
例えば依頼金額1万円の依頼を受けた場合、システム手数料を抜いた報酬は8,000円になります。
結構、痛いですね。

依頼額:システム手数料
10万円以下:20%
10~20万円:10%
20万円超:5%

報酬は1,000円以上から受け取れる

毎月2回の支払日があります。
「キャリーオーバー方式」といって出金せずに持ち越すことも可能です。
報酬を受け取るには条件があります。

  • 口座残高が1,000円以上
  • 氏名、住所、振込先口座情報を登録していること

それから、振込手数料がかかります。
楽天銀行:100円
それ以外の銀行:500円
楽天銀行と他の銀行では手数料に400円の差があります。
ランサーズ内で400円稼ぐのって大変ですから、楽天銀行の口座がない場合は開設をオススメします。

楽天銀行 口座開設

ランサーズの登録方法

1. ランサーズのサイトから無料会員登録

ランサーズのトップページから「無料会員登録」をクリック。

日本最大級のお仕事マッチングサイト!Webで完結、在宅で稼ぐ!無料登録(30秒)

ランサーズ トップページ

2. 必要事項を入力

ランサーズ 登録フォーム

まず登録するのはこの4項目。

メールアドレス

ログインする際に使ったり、ランサーズからのお知らせメールが来たりします。
GmailなどのフリーメールでOKです。
後から変更することもできますよ。
自分から教えない限りクライアントにメールアドレスが伝わることもありません。

パスワード

ランサーズにログインするためのパスワードを決めます。
他のサービスと同じパスワードを使うのはセキュリティ上よろしくないのでやめましょう。

ユーザー名

好きな名前で良いのですが、既に使われているユーザー名は登録できません。
登録後の変更はできませんので、ご注意ください。
提案したときやメッセージなどで表示されます。
公開される前提で考えましょう。

主な利用方法

受注する:仕事を受ける側(ランサー)
発注する:仕事を依頼する側(クライアント)
登録後に簡単に切り替え可能です。

「アカウントを登録する(無料)」をクリックします。

3. 登録の確認

登録したメールアドレスに確認のメールが届きます。
その中に記載されているURLをクリックすると登録完了です。

まずは…

私はまずランサーズに慣れるためにタスク方式のものをこなしました。
できそうなものを見つけたらやってみると良いと思います。

もしくはプロフィールを充実させましょう。
プロジェクトやコンペは複数の提案の中から選ばれなければならないわけです。
選ぶ側も大事な依頼を頼む相手ですから、ランサーがどんな人物なのか知りたいはずです。
なので、プロフィールで書けるところは全て埋めましょう。

スポンサーリンク