Flywheel(ローカル・バイ・フライホイール)のインストール方法

Local by Flywheelのダウンロードからインストールまでの手順

この記事のURLとタイトルをコピーする

WordPressをローカル環境で構築できるLocal by Flywheel(ローカル・バイ・フライホイール)のインストール方法です。

Local by FlywheelにはStandardプランとProプランがあり、Standardプランは無料で利用できます。

32ビット版Windowsには非対応

Windowsの64ビット版のみで32ビット版Windowsでは動作しませんのでご注意ください。

Local by Flywheelのダウンロード手順

【1】Local by Flywheelの公式サイトにアクセス。

Local by Flywheel | Local WordPress development made simple
https://local.getflywheel.com/

【2】[ FREE DOWNLOAD! ] をクリック。

公式サイトのダウンロードをクリック

【3】項目を入力して [ GET IT NOW! ] をクリック。入力が必須なのはOSの選択・メールアドレス・サイト数の3つです。

項目に入力してダウンロード

  • Mac or Windows: OSを選択【必須】
  • First Name: 名前
  • Last name: 苗字
  • Work Email: メールアドレス【必須】
  • Company Name: 会社名
  • Phone Number: 電話番号
  • Number of websites: サイト数【必須】

【4】自動的にダウンロードが開始されます。始まらない場合は [ click here ] をクリックします。

ダウンロード開始

【5】「local-by-flywheel-*-*-*-***.exe」というファイルがダウンロードされます。

Local by Flywheelのインストール手順

インストール手順はWindows版でご紹介します。

【1】先ほどダウンロードした「local-by-flywheel-*-*-*-***.exe」をダブルクリックしてインストーラーを起動する。

インストーラーを起動

exeファイルを起動しても無反応なときは
私の環境では「local-by-flywheel-*-*-*-***.exe」をダブルクリックしても何も起動せず無反応だったのですが、常駐アプリを全て終了してから、もう一度ダブルクリックしたら起動しました。
終了させたアプリは下記の3つです。

  • Evernote for Windows
  • LINE
  • Skype

ご参考までに。

【2】インストールの準備が始まります。

インストーラーの準備が始まる

【3】エラーが起きたときにレポートを送るかどうかの選択をします。

インストーラーの準備が始まる

To help make Local as great as can be, we'd love if you turned on error reporting.Local by Flywheelを可能な限り良いものにするために、エラー報告を有効にしていただければ幸いです。With this enabled, Local will automatically send errors and warnings back to the team so we can patch things up!これを有効にすると、Local by Flywheelは自動的にエラーと警告をチームに送り返し、パッチを当てることができます。

今回は [ いいえ ] をクリックしました。エラー報告をする場合は [ Turn on Error Reporting ] をクリックします。

【4】[ Let’s Go! ] をクリック。

インストールを開始する

【5】ユーザーアカウント制御が出るので [ はい ] をクリック。

VirtualBoxをインストールする

Local by Flywheelを動かすために必要なVirtualBoxがインストールされます。既にVirtualBoxがインストールされている場合はこの表示は出ません。

【6】インストールが始まりますので、しばらく待ちます。

インストールが始まる

【7】再びユーザーアカウント制御が出るので [ はい ] をクリック。私の環境では同じものが2回出ました。どちらも [ はい ] をクリックしました。

ユーザーアカウント制御

【8】またしばらく待ちます。

インストール中

【9】このような画面に切り替わったらインストール完了です。

インストール完了

サイトを追加する

【1】[ CREATE NEW SITE ] もしくは左下の [ + ] をクリック。

インストール完了

【2】サイト名を半角英数字で入力。日本語だとエラーが出ます。[ ADVANCED OPTIONS ] をクリックすると詳細設定ができます。

インストール完了

【3】[ ADVANCED OPTIONS ] をクリックすると、ロカールのドメイン名やサイトの保存先などを設定できます。良くわからない場合はそのまま [ CONTINUE ] をクリックで大丈夫です。

サイト名の設定

【4】[ Custom ] を選択するとサーバー種類、PHPのバージョン、MySQLのバージョンなどの設定ができます。デフォルトのままで良い場合は [ Preferred ] > [ CONTINUE ] をクリック。

サーバー環境の設定

【5】ローカル環境のWordPressの管理画面にログインするためのユーザー名とパスワードを設定して [ ADD SITE ] をクリック。

[ WordPress Email ] の部分はデフォルトのままでOKです。

ユーザー名とパスワードの設定

【6】「今後もLocal by Flywheelで同じユーザ名とパスワードを使用しますか?」と聞かれるので、先ほどのユーザー名とパスワードを保存するなら [ SAVE AS DEFAULT ] 、しないなら [ NOT NOW ] をクリック。

ユーザー名とパスワードを保存するかしないかの選択

Set WordPress Admin credentials as defaults?WordPress Adminのユーザー名とパスワードをデフォルトに設定しますか?You currently dont's have a default admin username or password.あなたは現在、デフォルトの管理者ユーザー名またはパスワードを持っていません。Would you like to save what you entered as the default?あなたが入力したものをデフォルトとして保存しますか?

【7】Node.jsのユーザーアカウント制御が出たら [ はい ] をクリック。

Node.jsのユーザーアカウント制御

【8】しばらく待ち、この画面が表示されたら完了です。

サイトの追加が完了

サイト名を「316」としたので、316.localというドメインが割り振られました。

使い方

[ VIEW SITE ] からWordPressサイトへ、[ ADMIN ] からWordPressの管理画面を表示できます。

WordPressサイトの表示方法

[ VIEW SITE ] からローカルのWordPressサイトを表示させるとトップページが表示されます。

WordPressサイトの表示

[ ADMIN ] からローカルのWordPressの管理画面を表示するとログイン画面になります。ここから先ほど設定したユーザー名とパスワードでログインしてWordPressの管理が行えます。

WordPressサイトの管理画面を表示

ローカルに構築したWordPressサイトが保存されているフォルダを開くには~\Local Sites\サイト名の横の丸印をクリックします。

保存先フォルダを開く

デフォルトのままだと、下記の場所に保存されます。

C:\Users\ユーザー名\Local Sites\サイト名

WordPressは下記の場所にあります。

C:\Users\ユーザー名\Local Sites\サイト名\app\public

このフォルダの中から編集したいファイルを探し、カスタマイズすることができます。

WordPressの日本語化

【1】[ ADMIN ] からローカルのWordPressにログインします。

【2】[ Settings ] > [ General ] の [ Site Language ] を [ 日本語 ] に変更。

【3】[ Timezone ] を [ Tokyo ] に変更し [ Save Changes ] をクリック。

サーバー上にある既存サイトのデータをローカルに移行する場合、この設定も既存サイトのものになるため不要となります。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク