全角文字の「Φ」「φ」を入力(変換)する方法。

【ギリシャ文字】ファイ「Φ」「φ」の入力方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

ファイ「Φ」「φ」の入力方法をOS、日本語入力アプリ別にご紹介します。

ファイ「Φ」「φ」

大文字小文字
大文字のファイ小文字のファイ
  コピーする
  コピーする

対応しているPC・スマホ

  • Microsoft IME(Windows標準の日本語入力アプリ)
  • Google 日本語入力(Mac・Windows・Android)
  • Gboard(Android・iOS)
  • iOS標準のキーボード

「Φ」「φ」とは?

「Φ」「φ」とはギリシャ文字の21番目の文字です。

大文字が「Φ」、小文字が「φ」。

身近な物だと「イヤホン φ3.5ミニプラグ」とかでしょうか。イヤホンの差し込むプラグの外径を表す記号として使われています。

あとは顔文字にも使われていますね。

  • (ΦДΦ)
  • φ(._.)メモメモ

「Φ」「φ」の読み方

  • ファイ
  • フィー
  • パイ

「Φ」「φ」の入力方法

OSや日本語入力アプリ別の入力方法です。

Microsoft IME

Windows標準の日本語入力での入力方法です。

変換する

「ふぁい」「ふぃー」で変換。

Unicodeで変換

1半角英数の直接入力以外の入力モードで以下のコードを入力。

大文字の場合: 「03A6」

小文字の場合: 「03C6」

入力モードがわからない場合は『【Windows】直接入力モードとは?日本語入力モードへの切り替え方法』をご覧ください。

2キーボードの [ F5 ] キーを押す。

3変換候補の中に大文字の「Φ」もしくは小文字の「φ」が出てきます。

Google 日本語入力【PC】

PC版Google 日本語入力での入力方法です。

変換する

「ふぁい」で変換。

Unicodeで変換

1半角英数の直接入力以外の入力モードで以下のコードを入力。

最初の「U」は大文字で入力します。

大文字の場合: 「U+03A6」

小文字の場合: 「U+03C6」

2変換すると変換候補の中に大文字の「Φ」もしくは小文字の「φ」が出てきます。

上手くいかない場合は『Google日本語入力でUnicodeを変換する方法』をご覧ください。

Google 日本語入力【Android】

「ふぁい」「ぎりしゃ」で変換。

Gboard【Android/iOS】

「ふぁい」「ぎりしゃ」で変換。

iOS標準のキーボード

「ふぁい」「ふぃー」「ぎりしゃもじ」で変換。

Unicodeと文字参照

Φφ
UnicodeU+03A6U+03C6
文字実体参照Χχ
数値文字参照 10進数Φφ
数値文字参照 16進数Φφ
この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク