【Android】カメラで撮影した写真はどこに保存される?

LINEで送る
Pocket

スポンサーリンク

Androidで撮影した写真の保存先

カメラアプリの設定によって本体とSDカードのどちらかに保存されます。

スマホ本体かSDカードの中に「DCIM」という名前のフォルダがあります。この「DCIM」フォルダの中に更にフォルダがあり、その中に撮影した写真が保存されています。

スマホ本体(内部ストレージ) > DCIM > Camera
スマホ本体(内部ストレージ) > DCIM > 100ANDRO
SDカード > DCIM > Camera
SDカード > DCIM > 100ANDRO

「DCIM」の中にあるフォルダ名はスマホの機種により違います。

Galaxyシリーズだと「Camera」というフォルダ名ですが、Xperiaシリーズは「100ANDRO」だったりします。

また、標準のカメラではなくカメラアプリで撮影した場合、そのアプリ専用のフォルダが「DCIM」内に作成され、そこに保存されます。

LINE Cameraで撮影すると保存先は

スマホ本体(内部ストレージ) > DCIM > LINECamera

となります。

スマホのカメラで撮影した写真は本体かSDカードの「DCIM」フォルダの中を探せば見つかりますが、ブラウザからダウンロードした画像やLINEで貰った画像などは、また別の場所に保存されますのでご注意ください。

DCIMとは?

「DCIM」って見たことないでしょうか?

実はだいたいのスマホやデジカメが撮影した写真は「DCIM」というフォルダの中に入っています。
これは「カメラファイルシステム規格」というもので決められているからです。

この規格はSDカードなどの様々な機器に共用できる記録メディアを別の機器で使っても画像の読み込み・撮影ができるようにするためのものです。

例えばスマホで撮影した写真をSDカードに保存して、スマホとは別メーカーのデジカメに入れてもスマホで撮った写真を見ることができます。

と、いうわけでメーカー問わずスマホやデジカメなどで撮影した写真はだいたい「DCIM」の中にあると覚えておくと便利です。

DCIMとは「Digital Camera Images」の略で、日本語だと「デジタルカメラの画像」ということになります。

スポンサーリンク