Androidスマホで写真の撮影日を編集できるアプリ「Photo Exif Editor」

LINEで送る
Pocket

LINEなどのSNSで写真のやり取りをすることが多いんですが、貰った写真を管理していると撮影日順に上手く並んでくれないことがありませんか。

自分が撮影してスマホに保存した写真はきちんと順番に並んでいるのに、外部から貰った写真は時系列がバラバラ。これって凄く気持ち悪いですよね。

写真を撮った日付ごとに並べて表示してくれるアプリ「Scene」。SNSの写真はダウンロードした日に並んでしまいます。

昨日の写真なのに日付がズレてしまう

なぜこんなことが起こるかというと、SNSにアップロードされた写真には「Exif」情報がないことが多いからです。

今回はそのExif情報を編集できる無料アプリ「Photo Exif Editor」で撮影日を追加・編集する方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Exifとは?

スマホやデジカメで撮った写真にはExifという情報が保存されます。読み方は「エグジフ」もしくは「イグジフ」です。

Exifに記録される内容は撮影した日や撮影した機器、絞り値、ISO感度、フラッシュの有無、GPS情報などです。この情報から写真をプリントするとき最適なサイズがわかったり、撮影したカメラの機種や設定などを参考にしたりするために使われます。

Exif情報

SNSにアップロードした写真はExifが削除される

すべてのSNSを調べていませんが、ほとんどのSNSではアップロードした写真のExif情報が削除されます。

LINEで送ってもらった写真

Exif情報が削除されてしまうため撮影日は不明となり、SNSからダウンロードした日がその写真の撮影した日と認識され時系列がおかしくなる原因となります。撮影した日にダウンロードできればよいのですがそうもいきませんよね…

なぜSNSではExif情報を削除するかというと、撮影日・GPS情報などとSNSの情報から個人を特定されてしまう危険性が高いからです。

LINEだとオリジナル画質で送信された画像の撮影日は残されていましたが、GPS情報はさすがに消されていました。アルバムで共有した画像は撮影日も削除されました。

Photo Exif EditorでExif情報を編集する

というわけで、SNSでシェアした写真はExif情報が削除され、撮影日が記録されていないので、Photo Exif Editorで編集します。

Photo Exif Editorでは、撮影日以外のExif情報も編集することができます。今回は撮影日の編集方法をご紹介しますが同じ手順で他の情報も変更することができます。

複数の写真を一括で変更できるので大量に写真がある場合でも便利です。

(1) Photo Exif Editorを起動 > [ 写真 ] をタップ > 編集したい画像をタップ。

左上のメニューアイコンをタップするとスマホ本体やSDカードから写真を探すことができます。

Photo Exif Editorで編集したい写真を選択

複数の写真を一括で編集したい場合は、写真のどれか1つを長押しすると複数選択できるようになります。

全て選択したら右上の [ 開く ] をタップします。

Photo Exif Editorで編集したい写真を複数選択する

(2) [ キャプチャ時間 ] をタップ > 日付と時間を合わせる > 右上のチェックマークをタップ。

キャプチャ時間を撮影日に合わせる

Photo Exif Editorでは [ キャプチャ時間 ] が撮影日になります。他の情報を変更したい場合は、その項目をタップすれば変更可能です。

(3) [ キャプチャ時間 ] に先ほど入力した日時が反映されていることを確認 > 右上の保存アイコンをタップ。

変更を保存する

別にアプリでExif情報を確認すると、先ほど入力した撮影日が書き込まれています。これでPhoto Exif Editorによる撮影日の編集は終了です。

Exif情報の撮影日とファイルの作成日時は違う

この方法で撮影日を変更しても、使っている写真管理アプリがExif情報の撮影日で並べ替えできないものだと意図した通りに並びません。

ファイルのタイムスタンプ(ファイルの作成日時・更新日など)順で並べるタイプのアプリではExif情報の撮影日を変更しても意味がありません。ファイルマネージャー系のアプリは写真以外のファイルも扱うためタイムスタンプで並べ替えするものが多いと思います。

下記の画像は、先ほどPhoto Exif EditorでExif情報の撮影日を9月3日に修正した写真を、Xperiaにプリインストールされているファイルマネージャーアプリ「File Commander」で見たときのものです。

File Commanderは撮影日順に並び替えられない

9月3日に修正したのはExif情報の撮影日です。File Commanderで表示されている「2017/09/04 23:29」という日時はPhoto Exif EditorでExif情報の撮影日を変更したときのタイムスタンプです。

つまりFile CommanderではExif情報を参照せず、ファイルの作成日またはデータの更新日を元に並べています。

なので撮影日順に並べたい場合はExif情報の撮影日で並び替えができる写真管理アプリを使う必要があります。

タイムスタンプの仕様

写真データは撮影後何もしなければ「撮影日=タイムスタンプ」となりますが、写真データを編集したりすると「編集した日=タイムスタンプ」となります。

さらに別の場所に移すためにコピーした場合「コピーした日時=タイムスタンプ」になってしまいます。

スマホ本体に保存していた写真をSDカードにコピーしたり、PCにコピーすると複製した写真のタイムスタンプはコピーした日時になってしまうのです。

Android 5.1ではスマホ本体からSDカードへ移動した場合でもタイムスタンプは移動した日時に変更され、スマホ本体からスマホ本体への移動はタイムスタンプは維持されました。

Windows 8.1ではコピーしたデータのタイムスタンプはコピーした日時に変更されてしましますが、移動した場合は元データのタイムスタンプが維持されました。

ですが、同じことをWindows 10でやってみたところ、コピーでも移動でもタイムスタンプはコピーした日時、移動した日時に変更されてしまいました。

変更されてしまったタイムスタンプをPCで編集して直すアプリもあるようですが、簡単に変更されてしまうものなので、タイムスタンプで写真の時系列を管理する方法はオススメしません。

写真データをコピーや移動してもExif情報は削除しない限り維持されますので、やはりこちらで管理するのが良いかと思います。

Exif情報の撮影日順に並べてくれるアプリ

Exif情報の撮影日を元に時系列で並べてくれるオススメの写真管理アプリは「Scene」です。

スマホ本体の画像もSDカードの中の画像もまとめて日付ごとに表示してくれます。

Scene – カンタン写真整理・共有・印刷
開発元: Ripplex Inc.
価格: 無料

まとめ

デジカメやスマホが普及してからだいぶ経ち、結構な枚数の写真が溜まってきていると思いますが、写真を管理したり見返す際に撮影日は重要ですよね。

私はExif情報がない写真にはPhoto Exif Editorで撮影日を付け加え、さらに別のアプリでファイル名を撮影日になるよう一括変換して管理しています。

やっぱり時系列で並んでいると目的の写真を探しやすいですし、「この写真いつ頃のだっけ?」なんてときにもすぐにわかりますので便利です。

スポンサーリンク