【PC版Chrome】再生中の動画をタブを開かず停止する方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

Chrome 79に「Global Media Controls」機能が追加されました。

ざっくり言うと、別のタブを開いててもタブの移動をせずにアドレスバーの横から動画を一時停止したりできる機能です。

バックグラウンドで再生しつつWebサイト見たりする人にはとても便利な機能ですよ!

この記事でわかること

  • 「Global Media Controls」って、どんな機能?
  • 「Global Media Controls」を有効・無効にする手順

「Global Media Controls」って、どんな機能?

「Global Media Controls」とは、どんな機能なのか簡単にご説明します。

現在のGoogle Chromeブラウザで動画や音楽を再生すると、再生しているタブにスピーカーのアイコンが表示されますよね。

メディア再生中のタブにはスピーカーのアイコンが表示される

ブラウザ上で音をミュート(消音)にすると、再生中であってもスピーカーのアイコンは表示されませんが。

別のタブを開いるときに再生中の動画を停止したくなったら、スピーカーアイコンのタブを探すことになります。

そしてそのタブを開いて動画を停止。

ちょっと面倒ですよね。

「Global Media Controls」機能を有効にすると、アドレスバーの右側に音符マークのアイコンが表示されるようになり、そこから再生中のメディアをコントロールすることができます。

メディア再生中のタブにはスピーカーのアイコンが表示される

タブの移動をせずに、現在のタブから操作できるのとても便利です。

サイトによりコントロールできる操作が異なる

サイトによりコントロールできる操作が異なる

複数のメディアが再生されている場合でも、それぞれコントロールが可能です。

上記の画像では、NHKオンラインのニュース動画とYouTubeのポケモンを再生しています。

よく見ていただくとわかるのですが、NHKオンラインの動画は一時停止ボタンのみ。

YouTubeは巻き戻し、一時停止、早送りが操作できます。

このようにサイトによって操作できる内容が異なります。

また、YouTubeの場合は動画のサムネイルが表示されます。

有効にする手順

対応しているChromeのバージョン

  • PC版のChrome 79以降

バージョンがわからない場合は「Google Chromeブラウザのバージョンを確認する方法」をご覧ください。

chrome://flags/で設定

1Chromeのアドレスバーに以下のアドレスを入力してキーボードの [ Enter ] キーを押す。

chrome://flags/#global-media-controls

2[ Global Media Controls ] の右横のプルダウンから [ Enabled ] を選ぶ。

3[ Relaunch ] をクリックするとChromeが再起動します。

RelaunchでChromeを再起動

再起動が終わると「Global Media Controls」機能が有効になっているので、動画を再生させてみましょう。

無効にする手順

1Chromeのアドレスバーに以下のアドレスを入力してキーボードの [ Enter ] キーを押す。

chrome://flags/#global-media-controls

2[ Global Media Controls ] の右横のプルダウンから [ Default ] を選ぶ。

3[ Relaunch ] をクリックするとChromeが再起動します。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク