カッパ「Κ」「κ」の入力方法

カッパ「Κ」「κ」の入力方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

「Κ」「κ」の入力方法をOS、日本語入力アプリ別にご紹介します。

対応しているPC・スマホ

  • Microsoft IME(Windows標準の日本語入力アプリ)
  • Google 日本語入力(Mac・Windows・iOS・Android)
  • Gboard(Android・iOS)
  • iOS標準のキーボード

「Κ」「κ」とは?

ギリシャ文字で、大文字が「Κ」小文字が「κ」です。

私たち日本人が普段よく使う英字(ラテン文字)の「K(ケー)」の元となった文字です。

形が似ていますが別の文字として扱われています。

こんな使われ方をしてます

サッカーのユニフォームなどで知られている「Kappa(カッパ)」は、このギリシャ文字の「Κ」からきています。

「Κ」「κ」の読み方

  • カッパ

「Κ」「κ」の入力方法

OSや日本語入力アプリ別の入力方法です。

Microsoft IME

Windows標準の日本語入力での入力方法です。

変換する

「かっぱ」で変換。

Unicodeで変換

1半角英数の直接入力以外の入力モードで以下のコードを入力。

大文字の場合: 「039A」

小文字の場合: 「03BA」

入力モードがわからない場合は『【Windows】直接入力モードとは?日本語入力モードへの切り替え方法』をご覧ください。

2キーボードの [ F5 ] キーを押す。

3変換候補の中に大文字の「Κ」もしくは小文字の「κ」が出てきます。

Google 日本語入力【PC】

PC版Google 日本語入力での入力方法です。

変換する

「かっぱ」で変換。

Unicodeで変換

1半角英数の直接入力以外の入力モードで以下のコードを入力。

最初の「U」は大文字で入力します。

大文字の場合: 「U+039A」

小文字の場合: 「U+03BA」

2変換すると変換候補の中に大文字の「Κ」もしくは小文字の「κ」が出てきます。

上手くいかない場合は『Google日本語入力でUnicodeを変換する方法』をご覧ください。

Google 日本語入力【Android】

「かっぱ」「ぎりしゃ」で変換。

Gboard【Android/iOS】

「かっぱ」「ぎりしゃ」で変換。

iOS標準のキーボード

「かっぱ」「ぎりしゃもじ」で変換。

Unicodeと文字参照

Κκ
UnicodeU+039AU+03BA
文字実体参照Κκ
数値文字参照 10進数Κκ
数値文字参照 16進数Κκ
この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク