オメガ「Ω」「ω」の入力方法

「Ω」「ω」の入力方法

この記事のURLとタイトルをコピーする

「Ω」「ω」の入力方法をOS、日本語入力アプリ別にご紹介します。

対応しているPC・スマホ

  • Microsoft IME(Windows標準の日本語入力アプリ)
  • Google 日本語入力(Mac・Windows・iOS・Android)
  • Gboard(Android・iOS)
  • iOS標準のキーボード

「Ω」「ω」とは?

「Ω」「ω」はギリシャ文字の最後の文字です。

「Ω」は大文字、「ω」は小文字です。

こんな使われ方をしてます

大文字の「Ω」は腕時計ブランド「オメガ」のロゴになってたりしますよね。

あとは電気抵抗の単位として大文字の「Ω」が使われます。

小文字の「ω」は「(´・ω・`)」こんな感じで顔文字の鼻として見かけることが多いですね。

「Ω」「ω」の読み方

  • オメガ
  • オーム

「Ω」「ω」の入力方法

OSや日本語入力アプリ別の入力方法です。

Microsoft IME

Windows標準の日本語入力での入力方法です。

「おめが」「おーむ」で変換

「おめが」か「おーむ」で変換すると変換候補に「Ω」「ω」が出ます。

さて、ここで注意点が1つ。

どちらで変換しても候補の中に大文字の「Ω」が2種類出てきます。

キーボードのF5キーで変換

良く見ると1つには [環境依存] と表示されていますね。

この [環境依存] と記載のある記号は電気抵抗の単位として用意された文字「Ω」です。

「Ω」と「Ω [環境依存]」はどちらも同じ形で意味も同じです。

フォントによっては形が微妙に違ったりもします。

ただ、この2つは別の文字として扱われ、おおきな違いは「Ω [環境依存]」はUnicodeを開発している団体が使うことを推奨していません。

ΩΩ
UnicodeU+03A9U+2126

ですので [環境依存] の表示がない「Ω」を使うことをオススメします。

Unicodeってざっくり言うと世界中の文字に対応した文字コードです。

Unicodeで変換

1半角英数の直接入力以外の入力モードで以下の順に入力。

大文字の場合: 「03A9」

小文字の場合: 「03C9」

入力モードがわからない場合は『【Windows】直接入力モードとは?日本語入力モードへの切り替え方法』をご覧ください。

2キーボードの [ F5 ] キーを押す。

3変換候補の中に大文字の「Ω」もしくは小文字の「ω」が出てきます。

Google 日本語入力【PC】

「おめが」「おーむ」で変換

「おめが」か「おーむ」で変換すると変換候補に「Ω」「ω」が出ます。

Unicodeで変換

1半角英数の直接入力以外の入力モードで以下の順に入力。

最初の「U」は大文字で入力します。

大文字の場合: 「U+03A9」

小文字の場合: 「U+03C9」

2変換候補の中に大文字の「Ω」もしくは小文字の「ω」が出てきます。

上手くいかない場合は『Google日本語入力でUnicodeを変換する方法』をご覧ください。

Google 日本語入力【Android】

「おめが」か「おーむ」で変換すると変換候補に「Ω」「ω」が出ます。

「ぎりしゃ」で変換するとギリシャ文字が出てきてその中に「Ω」「ω」があります。

Gboard【Android/iOS】

「おめが」か「おーむ」で変換すると変換候補に「Ω」「ω」が出ます。

「ぎりしゃ」で変換するとギリシャ文字が出てきてその中に「Ω」「ω」があります。

iOS標準のキーボード

「おめが」「ぎりしゃもじ」で変換すると変換候補に「Ω」「ω」が出ます。

iOS 13で「おーむ」で変換すると大文字の「Ω」だけ検索候補に出ます。

Unicodeと文字参照

Ωω
UnicodeU+03A9U+03C9
文字実体参照Ωω
数値文字参照 10進数Ωω
数値文字参照 16進数Ωω
この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク