【Windows 10】文字入力の変換が重い!反応が遅い!固まるときの対処方法

LINEで送る
Pocket

Windows 10の文字入力がいつの間にか重くなってしまい、まともに変換もできなくなってしまいました。

今回はそのときの対処方法をご紹介します。

Microsoft IMEの予測入力をオフにする解決方法です。これだけで症状が改善したので同じ症状が出ている場合は一度お試しください。

スポンサーリンク

症状

  • キーボードで文字を打っても反応が遅い
  • 漢字に変換するのに数秒かかる
  • 変換したいのにその前に確定されてしまう

とにかくキーボードから打ち込んだことに対しての反応が激重でした。

Microsoft IMEの予測入力をオフにする手順

【1】Windows 10のデフォルトの設定では画面右端のほうにIMEのアイコンが表示されています。「A」か「あ」という表示がそうです。そのIMEを右クリック > [ プロパティ ] をクリック。

Microsoft IMEのプロパティを開く

IME 言語バーの表示について

前述したようにWindows 10のデフォルト設定ではタスクバーの右端に「A」か「あ」のアイコンのみの表示です。設定により表示方法が異なりますので、それぞれのやり方で [ プロパティ ] を開いてください。

<フロート表示>
言語バーがデスクトップ上にフロート表示されている場合は [ ツール ] > [ プロパティ ] をクリック。

IMEフロート表示

<タスクバー表示>
言語バーがタスクバーの中に表示されている場合は [ ツール ] > [ プロパティ ] をクリック。

IMEタスクバー表示

<IMEが無効です>
IMEがバツマークになっていて [ IMEが無効です ] と表示される場合は、デスクトップ上の何もないところをクリックするか、メモ帳などの文字を入力できるアプリで文字を入力できる場所をクリックすると有効になります。

IMEが無効です

【2】[ 入力履歴を使用する ] のチェックを外す > [ OK ] を左クリック。

入力履歴を使用するのチェックを外す

以上で設定は完了です。

文字入力が軽くなったか確認してください。

スポンサーリンク