Android版Chromeの翻訳機能の使い方と有効・無効にする方法

LINEで送る
Pocket

Android版のChromeには翻訳機能が付いていて、英語だけでなく様々な言語に対応しています。

翻訳ツールの使い方と、翻訳ツールを有効・無効にする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

翻訳ツールの使い方

日本語以外のWebサイトにアクセスすると自動でブラウザの下に翻訳ツールが表示されます。

Android版Chromeの翻訳ツール

現在表示されている言語・翻訳する言語・メニュー・閉じるボタンの順に並んでいます。

もし翻訳ツールが表示されない場合は翻訳ツールを有効にしてください。有効にする方法は後述する翻訳ツールを無効・有効にするを参考にしてください。

日本語に翻訳する場合は [ 日本語 ] をタップ。

日本語に翻訳

画像以外は日本語に変換されて表示されます。

メニューアイコンをタップするとメニュー一覧が表示されます。

翻訳機能のメニュー

その他の言語

デフォルト(初期設定)では日本語になっていますが、メニューにある [その他の言語] をタップすると他の言語に翻訳することもできます。

翻訳する言語を変更する

英語のページを常に翻訳する

[ 英語のページを常に翻訳する ] をタップすると、次回から英語のサイトにアクセスすると自動的に翻訳してくれます。

英語のページを翻訳しない

[ 英語のページを翻訳しない ] をタップすると、次回から英語のサイトにアクセスしたときにブラウザの下に翻訳ツールの表示が出なくなります。

このサイトは翻訳しない

[ このサイトは翻訳しない ] をタップすると、次回からそのサイトにアクセスしたときにブラウザの下に翻訳ツールの表示が出なくなります。

英語のページではない場合:

表示しているサイトと翻訳ツールが判別している言語が違う場合は [ 英語のページではない場合: ] をタップして正しい言語を選択します。

翻訳ツールの設定を取り消す

[ 英語のページを翻訳しない ] や [ このサイトは翻訳しない ] などの設定を削除する方法です。

【1】Chromeの右上にあるメニューアイコンをタップ > [ 設定 ] をタップ。

設定画面を開く

【2】[ サイトの設定 ] > [ Google翻訳 ] > [ 翻訳設定をリセット ] をタップ。

翻訳設定をリセットする

細かい設定はできず、翻訳ツールで指定した全ての設定がリセットされます。

翻訳ツールを無効・有効にする

翻訳ツールを無効にすると、日本語以外のWebサイトにアクセスしたときに翻訳ツールが表示されなくなります。

【1】Chromeの右上にあるメニューアイコンをタップ > [ 設定 ] をタップ。

設定画面を開く

【2】[ サイトの設定 ] > [ Google翻訳 ] > [ オフ ] にする。

翻訳ツールを無効にする

翻訳ツールを使いたい場合は [ オン ] に戻します。

この記事を書いたときのバージョン

  • Chrome 62.0.3202.84
  • Android 7.0

スポンサーリンク