日記を書いて5年、得られたものと続けるコツ

LINEで送る
Pocket

日記をつけるようになって今年で丸5年経ちました。それ以前にも日記を書こうと思ったことは何度もありましたが、こんなに続けれらているのは初めてです。

何かを期待していたわけではなく、なんとなく記録として残しておきたいと思って始めたのですが、振り返ってみると日記をつけることで得るものがたくさんありました。面倒なことは嫌いな性格なのですが日記が続けられるのはメリットが多いからだと思います。これからも未来の自分のために続けていきたいです。

まだ約5年ですが、私が感じた日記をつけるメリットや続けるコツをまとめてみました。もしやってみようかなと考えている方の参考になれば幸いです。

スポンサーリンク

日記をつけるメリット

日記はつけるだけではなく読み返すことで役に立つと考えています。

私はEvernoteで日記をつけているのですが暇なときに、その日の日付を入力して検索をしています。1年前の今日、2年前の今日、3年前の今日…と検索結果が表示されるので遡って読み返しています。アナログの日記よりは少し見づらいですが10年日記のような感じです。

過去の今日、自分が何をして何を考えていたのか。日記を始めたばかりの頃は1ヶ月前の今日を振り返ってみてもいいと思います。振り返ることによって色々と思うことがありますし、未来のために今日の記録を残しておこうというモチベーションにもなります。

前置きが長くなりましたが私が日記を続けて感じたメリットをご紹介します。

  • 自分の思考パターンが見えてくる
  • 書くことで考えや感情が整理できる
  • 過去の自分の考え方や行動を冷静に振り返ることができる
  • 体調の波が見えてくる
  • 記録することで小さな変化に気づける
  • 思い出が鮮明に残せる

書く内容によって得られるものが違ってきます。書いてそのあと見返してと繰り返していくうちにどんな内容を書けばあとで役に立つかわかってきますので、最初は難しく考えずにとにかくちょこちょこ書くことだけを意識していました。

日記を続けるコツ

今まで日記を続けられなかった私が、続けられるようになったのはなぜか。振り返ってみてこれがコツだ!と確信しました。一言で言います。

「無理しない」

これが一番のコツです。でもこれだけだと寂しいのでもう少し詳しく書きます。

書くことがないなら書かない

ずっと書くことがなくて困ってました。書くことない日がほとんどじゃないですか?

「書くことがない日は書かかなくていいや、これは書いておきたいと思ったときだけにしよう」と考えるようになったら気が楽になりました。

「日記書かなきゃ!」と思うと長くは続かないですよね。書きたいときに書く。私の日記はかなり穴だらけですが、それでも何年も続けると立派な記録になりますよ。

ルールを作らず適度なルーズさで

夜寝る前に日記を書く習慣をつけるとか、今日の出来事はその日のうちに書こうとか、そんなルールはいらないと思います。そのルールが守れなくなると日記をつけなくなってしまいますから。

おとといの日記を今日書いたり付け足してもOK。自由に適当にやってます。誰かに見せるものではないので。

自分に合った日記帳を見つける

私はずっとほぼ日手帳を購入していました。どれを買おうか悩むのが楽しかったんですが、購入後は放置でした。

今の時代、アナログの手帳や日記帳以外にもクラウドサービス等いろんなサービスがあり、スマホやPCからいつでもどこでも書くことができるツールがたくさんあります。

スマホからも書けると空いた時間に書くことができるので、「手帳を開いて書く」よりもハードルが下がります。私の場合はこの手間のかからなさが合っていたようで、5年続いたんだと思っています。

アナログもデジタルも一長一短ですから自分に合ったものを選ぶことが大事だと思います。

日記に書く内容

私の場合、日記というよりライフログなのかもしれません。すごく簡素に書いています。

テンプレート

毎日書くことはテンプレート化しています。

■体調:
■体重:
■寝た時間:
■今日の予定:

これをスマホの日本語入力ソフトの定型文に登録して、Evernoteのノートに貼り付けてます。そして、その日の状況を入力すればそれだけでも日々の記録になります。

■体調: 少し頭痛
■体重: ○○kg/体脂肪率: ○○%
■寝た時間: 1時頃
■今日の予定:
13:00- 打ち合わせ

私の場合、睡眠時間ではなく寝に入った時間が体調に大きく関わることが記録により判明したのでこのようなテンプレートにしています。体重や体脂肪はダイエットしていた時期は毎日測っていましたが、今では全く記録していませんので今は項目を削除しています。このようにテンプレートの内容はそのときの自分の環境によって変化させています。

あんまり項目が多いと面倒になるのでほどほどに。といってもテンプレートの項目さえ書かない日もたくさんありますが。

その日の出来事・考えたことなどを1~2行くらいで書く

書きたいことがあれば長文になることもありますが、たいてい一言くらいしか書いていません。長文は書くのにそれなりに時間かかっちゃいますし。

その日あった良かったことや嬉しかったことを書いておくと、読み返したときにも喜びが蘇ってきて2度幸せになれるのでオススメですよ。

まとめ

なんでも継続するって難しいことだと思います。私はランニングやダイエットなどのある程度の期間継続しなければならないものは、意識して少しルーズにやるようにしています。

「今日絶対にやらなきゃ」と思っててもできない日が絶対に出てきます。そんな日が少し続いてしまうと「もういいや、やめよう」となってしまうので、「今日はできないから諦めて明日以降できるときにやる」と気持ちを切り替えています。

日記もそんな風に続けていました。今思うと10代の頃からやっていればな~と思います。今って知りたいことのほとんどは検索すれば出てきますが、自分の思い出は絶対に検索しても出てきませんからね。

スポンサーリンク