本サイトは記事内に広告が含まれている場合があります。

【Excel】Ctrl + Endで何もないセルに飛んでしまう原因

スポンサーリンク
スポンサーリンク
困っている人
Ctrl + Endキーでデータの右下にカーソル移動させたいんだけど、何もないセルに飛んじゃうよ・・・?

Ctrl + Endで空白のセルにカーソルが飛んでしまう

A1にカーソルがある状態でCtrl + Endキーを押すと・・・。

Ctrl + Endで空白のセルにカーソルが飛んでしまう

データのある一番右下(I11)にカーソルが飛ぶはずなのに、空白のI21セルに飛んでしまった!

こんな経験あるかと思います。

今回はCtrl + Endキーで、データのない空白のセルに飛ばされてしまうときの原因と対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

データを削除したあと保存してない

例えば21行目まであったデータの12~21行目までを削除した場合。

21行目まであったデータ

削除後に保存をしていないと、Excelが削除前にデータがあった場所を最終行として認識したままなので、Ctrl + Endキーを押すとI21までカーソルが飛びます。

削除後に保存していないとデータがあったとこまで飛ぶ

上書き保存することで解決できます!

スポンサーリンク

空白のセルに見えるが数式が入ってる

データが何も入っていないように見えて、実は数式が入ってる場合があります。

数式が入っているとそこが最終行としてExcelが認識してしまいます。

数式が入ってる

数式を削除して上書き保存することで解決します!

セルの書式設定がしてある

セルに文字も数式も入っていないけどセルの書式設定がされていると、Excelはデータが入力されていると認識します。

セルの書式設定がしてある

セルの書式設定を標準に戻して上書きしてもダメなので、その行を削除して上書き保存することで解決します!

タイトルとURLをコピーしました