【Excel】金額を省略して千円・百万円単位で表示する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

決算書で使われている「1,000百万円」などの単位をExcelで使う方法をご紹介します。

金額を省略して千円・百万円単位で表示

スポンサーリンク

千円・百万円単位で表示する手順

この方法だと表示だけが変わり、金額はそのままなので計算を正確にできます。

1表示を変更したいセルを選択してセルの書式設定を開く

表示を変更したいセルを選択してセルの書式設定を開く

2[ 表示形式 ] > [ ユーザー定義 ] > [ 種類 ] に以下をコピペして [ OK ] をクリック。

単位入力する文字
千円#,##0,
百万円#,##0,,

セルの書式設定のユーザー定義

そうすると、このような表示になります。

左が千円単位、右が百万円単位

左が千円単位、右が百万円単位での表示です。

単位が「千円」「百万円」であることを忘れずに記載しましょう。

セル内に「千円」「百万円」の単位を表示する

先程の「#,##0,」を「#,##0,”千円”」とすることで数字の後ろに単位をつけることができます。

単位入力する文字
千円#,##0,”千円”
百万円#,##0,,”百万円”

セル内に「千円」「百万円」の単位を表示する

スポンサーリンク

万円単位で表示する手順

Excelでは「万円単位」で区切ることができないため、「千円」「百万円」とは違ったやり方になります。

1元の金額が入っているセルとは別の場所に以下の関数を入れます。

関数
四捨五入する=ROUND(B4/10000,0)
切り上げ=ROUNDUP(B4/10000,0)
切り下げ=ROUNDDOWN(B4/10000,0)
=ROUND(元の金額の入っているセル/10000,四捨五入したい桁数)
=ROUNDUP(元の金額の入っているセル/10000,四捨五入したい桁数)
=ROUNDDOWN(元の金額の入っているセル/10000,四捨五入したい桁数)

万円単位で表示する手順

元の金額を10,000で割ります。

端数をどうするかで使う関数を選びましょう。

この方法だとセル内の金額が変わりますので、正確な計算がしたい場合などにはご注意ください。

セル内に「万円」の単位を表示する

数字の後ろに「万円」の単位をつける場合は、関数の後ろに「&”万円”」を追加します。

=ROUND(B4/10000,0)&”万円”

セル内に「万円」の単位を表示する

カンマがつかないので見づらいですが、そもそも大きな数字に「万円」単位は使わないほうがいいですね。

「1,000万円」てカンマは間違っている?

「1,000万円」は略さず数字にすると「10,000,000」

10,000,000
1,000万円

同じようにカンマをつけるなら、こうなるということですね。

10,000,000
10,00万円

なので、「1,000万円」はカンマをつけずに「1000万円」とするのが正しい説があります。

タイトルとURLをコピーしました