本サイトは記事内に広告が含まれている場合があります。

【Excel】スクロールロックを設定・解除する方法

スポンサーリンク
スポンサーリンク

通常ExcelのカーソルがC6にあるときに、キーボードのキーを押すとC7に移動します。

ですが、キーを押してもカーソルは移動せず、画面が下にスクロールされる、これがスクロールロックの機能です。

私的にはあんまり使い道のわからない機能の一つです。

きっと便利な機能なんでしょうが、勝手にスクロールロックされて困っている人のほうが多い気がします。

今回はそんなスクロールロックの設定と解除方法をご紹介します。

スポンサーリンク

スクロールロックとはどんな機能?

スクロールロックとは、キーボードの矢印キーを押したときに、カーソルを動かさずに、画面をスクロールできる機能です。

実際にやってみましょう。

C6セルにカーソルがある状態で、キーボードのキーを押します。

スクロールロックとはどんな機能?

カーソルが下のC7に移動したなら、スクロールロックはオフの状態です。

これが初期設定の動作ですね。

キーボードの下矢印を押すとカーソルが下に動いた

逆にカーソルはC6のまま動かず、シートがスクロールされたらスクロールロックがオンになっています。

カーソルはC6のまま動かず、シートがスクロールされた

スポンサーリンク

スクロールロックのオン・オフを確認する方法

Excelの下部にあるステータスバーに [ ScrollLock ] の表示があればスクロールロック機能がオンになっています。

Excelの下部ステータスバーにScrollLockの表示があればオン

もしくは、ステータスバーを右クリックして出たメニューの [ ScrollLock ] の項目が「オン」「オフ」で表示されます。

Excelの下部ステータスバー右クリックで確認

このメニューからスクロールロック機能をオン・オフの切り替えはできません。

ScrollLockの表示設定にチェックが入ってないと表示されない

Excelの下部にあるステータスバーに [ ScrollLock ] が表示されていないのにスクロールロックがオンになっていることがあります。

それは、スクロールロックがオンになっていてもステータスバーに [ ScrollLock ] を表示しない設定にしているためです。

Excelの下部ステータスバー右クリックで確認

ステータスバーを右クリックして出たメニューの [ ScrollLock ] の項目にチェックマークを入れれると、スクロールロックがオンのときだけ、ステータスバーに表示されるようになります。

スクロールロックの設定・解除方法

キーボードのScroll Lockキーを押します。

キーボードのScroll Lockキーを押す

Scroll Lockキーは、SCR LKと表示されている場合もあります。

ノートPCではFn + SCR LKキーの場合もあります。

キーボードにScroll Lockキーがない場合

ノートPCや小さいキーボードにはScroll Lockキーがついていないことがあります。

代わりに別のキーがScroll Lockキーとして機能する場合があります。

メーカー[ Scroll Lock ] キーの代替
NEC LAVIEFn + C
DynabookFn + F12
ASUSFn + End
DELLFn + S
LenovoFn + C
Fn + K
HPFn + C

スクリーンキーボードから設定・解除する

どのキーにScroll Lockが割り当てられているかわからない場合は、Windows標準のスクリーンキーボードで設定・解除します。

1画面左下の検索バーに「すくりーん」と入力して検索結果の [ スクリーンキーボード ] をクリックして起動する

スクリーンキーボードのScroll Lockキーを押す

2スクリーンキーボードのScrLkキーを押す。

スクリーンキーボードのScroll Lockキーを押す

タイトルとURLをコピーしました