AppDataフォルダが見つからないときの解決方法(Windows 7/8/8.1/10)

LINEで送る
Pocket

アプリ(ソフトウェア)などの設定を変更する際に「C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData」を開く必要があったりします。

でもエクスプローラーから [ Cドライブ ] > [ ユーザー ] > [ ユーザー名 ] と開いても「AppData」フォルダが見つからない場合の対処方法をご紹介します。

スポンサーリンク

AppDataフォルダの場所

「C:\ユーザー\(ユーザー名)\AppData」にあります。

ユーザー名はPCのユーザー名を当てはめてください。

AppDataフォルダが表示されない原因

AppDataフォルダは隠しフォルダーになっています。

ユーザーごとのアプリの設定等が保存されているため簡単にいじれないようにデフォルトの設定では表示されないようになっているようです。

そのためあるはずの場所にAppDataフォルダが見つけられないという状況になってしまうのです。

AppDataフォルダを表示する方法

Windows 8/8.1/10 共通

【1】エクスプローラを開きます。

エクスプローラを開く

【2】Cドライブを開く。

Cドライブを開く

【3】[ ユーザー ] を開く。

ユーザーを開く

【4】[ PCのユーザー名になっているフォルダ ] を開く。

PCのユーザー名になっているフォルダを開く

今は非表示になっていますが、このフォルダ内にAppDataフォルダが存在していますので表示されるようにします。

隠しフォルダーが非表示になっている

【5】上にあるメニューの [ 表示 ] タブを左クリック > [ 隠しファイル ] にチェックを入れると、AppDataフォルダが表示されます。

隠しファイルにチェックを入れる

Windows 7

【1】エクスプローラを開きます。

Windows 7のエクスプローラーを開く

【2】上部のメニュー [ ツール ] > [ フォルダーオプション ] を左クリック。

Windows 7のフォルダーオプションを開く

【3】[ フォルダーオプション ] の [ 表示 ] タブの [ 詳細設定 ] の中の「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」にチェックを入れ [ 適用 ] をクリック。

Windows 7の隠しファイルを表示する

【4】「この種類のフォルダーすべてについて現在のフォルダーの表示設定を適用しますか?」というダイアログボックスが出たら [ はい ] をクリック。

スポンサーリンク