コントロールパネルの開き方(Windows 7/8/8.1/10)

LINEで送る
Pocket

Windows PCを使っていると設定の変更などで「コントロールパネル」を起動する機会が多いですよね。でも毎日使うわけでもないので、使おうと思ったときには「コントロールパネルってどうやって開くんだっけ?」となりませんか。

今回はWindowsのバージョン別のコントロールパネルの開き方をいくつかご紹介します。

スポンサーリンク

Windows 7/8/8.1/10 共通

[ ファイル名を指定して実行 ] から起動する

キーボードの [ Windows ] キーを押しながら [ R ] キーを押す。

キーボードのWindowsキー+R

[ ファイル名を指定して実行 ] というウィンドウが開く > [ 名前 ] に「control」と入力 > [ OK ] をクリック。

ファイル名を指定して実行が起動する

コントロールパネルが起動します。

コントロールパネルが起動

Windows 7

スタートメニューから起動する

画面左下のスタートボタンをクリック > [ コントロールパネル ] をクリック。

Windows 7のスタートからコントロールパネルを開く

コントロールパネルが起動します。

Windows 7のコントロールパネルが起動

Windows 8

デスクトップ画面から起動する

スタート画面から [ デスクトップ ] をクリック。

Windows 8のスタート画面からデスクトップをクリックする

画面左下のスタートボタンを右クリック > [ コントロールパネル ] をクリック。

Windows 8のスタートボタンを右クリックしてコントロールパネルを開く

コントロールパネルが起動します。

Windows 8のコントロールパネルが起動

Windows 10

スタートメニューから起動する

画面左下のスタートメニューをクリック > [ Windows システム ツール] > [ コントロールパネル ] をクリック。

Windows 10のスタートメニューからコントロールパネルを開く

コントロールパネルが起動します。

コントロールパネルが起動

コントロールパネルの表示が違う!?

コントロールパネルを開いてみて、「あれ!?なんか思ってたのと違う!」と思ったときは右上のほうにある [ 表示方法 ] を変更してみましょう。

コントロールパネルの表示方法を変更する

こちらはデフォルト設定の表示方法 [ カテゴリ ] です。

コントロールパネルの表示方法: カテゴリ

表示方法 [ 大きいアイコン ] で表示してみるとこうなります。

コントロールパネルの表示方法: 大きいアイコン

表示方法 [ 小さいアイコン ] で表示してみるとこうなります。

コントロールパネルの表示方法: 小さいアイコン

カテゴリ表示では表示されていない項目もあるので、ない場合は表示方法を変更して探してみましょう。

スポンサーリンク