【Windows ショートカットキー】選択した項目をコピーする

【Windows ショートカットキー】選択した項目をコピーする

この記事のURLとタイトルをコピーする

Windowsで「選択した項目をコピーする」キーボードショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキーとは?

文字の「コピー」や「貼り付け」などの操作をマウスを使わずに、キーボードの1つまたは複数のキーを組み合わせて行うことができます。

これを「ショートカットキー」といい、覚えるとマウスを使うよりも作業効率が大幅アップします。

対応しているWindowsのバージョン

  • Windows 8/8.1
  • Windows 10

キーボードショートカットキー

Ctrlキーを押したままCキーを押す。

Ctrl + C

選択した項目をコピーするショートカットキー

マウスを右クリックしてメニューから「コピー」を選んだときと同じ動作をします。

Ctrl + Cで項目をコピーするとクリップボードに一時的に保存され、Ctrl + Vで貼り付けることで文字やファイルなどの「複製」ができます。

文字をコピーする→貼り付ける(複製)

1コピーしたい範囲を選択してCtrl + C

文字を選択してコピー

コピーしても見た目に変化はありませんが、コピーした内容はクリップボードに一時的に保存されています。

2複製したい場所にカーソルを置き、Ctrl + Vでコピーした文字を貼り付ける。

コピーした文字を貼り付け

ファイルやフォルダをコピー→貼り付ける(複製)

今回の例では [ ダウンロード ] フォルダーの中にある「猫.jpg」という名前の写真を [ 画像フォルダー ] にコピー(複製)します。

1コピーしたいファイル・フォルダを選択してCtrl + C

ファイル・フォルダを選択してコピー

コピーしても見た目に変化はありませんが、コピーした内容はクリップボードに一時的に保存されています。

2複製したい場所をクリックして、Ctrl + Vでコピーしたファイル・フォルダを貼り付ける。

ファイル・フォルダを貼り付ける

もともとあった [ ダウンロード ] フォルダーにも「猫.jpg」が残り、[ 画像フォルダー ] にも同じ写真が複製されます。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク