【Windows ショートカットキー】選択した項目を切り取る

【Windows ショートカットキー】選択した項目を切り取る

この記事のURLとタイトルをコピーする

Windowsで「選択した項目を切り取る」キーボードショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキーとは?

文字の「コピー」や「貼り付け」などの操作をマウスを使わずに、キーボードの1つまたは複数のキーを組み合わせて行うことができます。

これを「ショートカットキー」といい、覚えるとマウスを使うよりも作業効率が大幅アップします。

対応しているWindowsのバージョン

  • Windows 8/8.1
  • Windows 10

キーボードショートカットキー

Ctrlキーを押したままXキーを押す。

Ctrl + X

選択した項目を切り取るショートカットキー

マウスを右クリックしてメニューから「切り取り」を選んだときと同じ動作をします。

Ctrl + Xで項目を切り取るとクリップボードに一時的に保存され、Ctrl + Vで貼り付けることで文字やファイルなどの「移動」ができます。

文字を切り取る→貼り付ける(移動)

1切り取りたい範囲を選択してCtrl + X

文字を選択して切り取り

2移動させたい場所にカーソルを置き、Ctrl + Vで切り取った文字を貼り付ける。

切り取った文字を貼り付け

ファイルやフォルダを切り取る→貼り付ける(移動)

今回の例では [ ダウンロード ] フォルダーの中にある「猫.jpg」という名前の写真を [ 画像フォルダー ] の中に移動します。

1切り取りたいファイル・フォルダを選択してCtrl + X

ファイル・フォルダを選択して切り取り

2移動させたい場所をクリックして、Ctrl + Vで切り取ったファイル・フォルダを貼り付ける。

ファイル・フォルダを貼り付ける

もともとあった [ ダウンロード ] フォルダーから「猫.jpg」は消えてなくなり、[ 画像フォルダー ] へ移動されます。

ファイルやフォルダの切り取りを取り消す

1切り取りたいファイル・フォルダを選択してCtrl + Xを押したけど、切り取るのを止めたい場合。

ファイル・フォルダを選択して切り取り

切り取りをしたファイル・フォルダは色が変わります。

2キーボードの左上にあるESCを押すと、切り取りが中止されます。

切り取りをキャンセルする

ファイル・フォルダの色が元に戻っているか確認しましょう。

切り取れるのは編集できるものだけ

Webサイトなど、自分に編集権限がないものは「切り取り」のショートカットは無効です。

右クリックのメニューにも「切り取り」はありません。

切り取れるのは編集できるものだけ

こういう場合は、コピー(Ctrl + Cを使いましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク