【Windows ショートカットキー】ファイルを保存する

【Windows ショートカットキー】ファイルを保存する

この記事のURLとタイトルをコピーする

Windowsで「ファイルを保存する」キーボードショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキーとは?

文字の「コピー」や「貼り付け」などの操作をマウスを使わずに、キーボードの1つまたは複数のキーを組み合わせて行うことができます。

これを「ショートカットキー」といい、覚えるとマウスを使うよりも作業効率が大幅アップします。

対応しているWindowsのバージョン

  • Windows 8/8.1
  • Windows 10

キーボードショートカットキー

Ctrlキーを押したままSキーを押す。

Ctrl + S

ファイルを保存するショートカットキー

すでにファイルがある場合は「上書き保存」されます。

新規作成したファイルの場合は「名前を付けて保存」になります。

Windows標準のメモ帳を上書き保存

Windows標準のメモ帳を編集後にCtrl + Sキーを押すと上書き保存されます。

上書き保存

未保存の状態だとファイル名の前にアスタリスク「*」が表示され、保存すると消えます。

新規作成したファイルだと名前を付けて保存になる

新しく作成したファイルで、まだ1度も保存していない状態でCtrl + Sキーを押すと「名前を付けて保存」になります。

名前を付けて保存

ファイル名を入力して [ 保存 ] をクリックしましょう。

対応しているアプリ

このショートカットキーに対応しているアプリは割と多いです。

  • Windows標準のメモ帳
  • ExcelなどのOfficeアプリ
  • Photoshop

などなど。

普段使っているアプリも対応しているかもしれないので試してみてください。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク