【Windows ショートカットキー】作業中のウィンドウを閉じる

【Windows ショートカットキー】作業中のウィンドウを閉じる

この記事のURLとタイトルをコピーする

Windowsで「作業中のウィンドウを閉じる」キーボードショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキーとは?

文字の「コピー」や「貼り付け」などの操作をマウスを使わずに、キーボードの1つまたは複数のキーを組み合わせて行うことができます。

これを「ショートカットキー」といい、覚えるとマウスを使うよりも作業効率が大幅アップします。

対応しているWindowsのバージョン

  • Windows 8/8.1
  • Windows 10

キーボードショートカットキー

Ctrlキーを押したままWキーを押す。

Ctrl + W

作業中のウィンドウを閉じるショートカットキー

作業中のウィンドウだけが終了して、アプリ自体は終了しないものが多いです。

アプリによって動作が多少違いますが、アクティブなウィンドウを閉じるショートカットキーです。

Google Chromeを閉じる

閉じたいタブを表示させてCtrl + Wキーを押す。

Google Chromeを閉じる

開いていたタブだけが終了します。

タブが1枚だけの場合は、Chrome自体が終了します。

Windows標準のメモ帳もタブ機能がないので、Ctrl + Wキーでメモ帳が終了します。

Excelを閉じる

閉じたいExcelファイルでCtrl + Wキーを押す。

Excelを閉じる

開いていたファイルだけが終了してExcel自体はそのままです。

保存されていないファイルを閉じる

まだ保存していないファイルにCtrl + Wキーで閉じようとすると、保存するか聞かれます。

保存されていないファイルを閉じる

間違って閉じてしまっても安心ですね。

対応しているアプリ

このショートカットキーに対応しているアプリは割と多いです。

  • Windows標準のメモ帳
  • Google Chrome
  • ExcelなどのOfficeアプリ
  • Photoshop

などなど。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク