【Windows ショートカットキー】直前の操作を元に戻す

【Windows ショートカットキー】直前の操作を元に戻す

この記事のURLとタイトルをコピーする

Windowsで「直前の操作を元に戻す」キーボードショートカットキーをご紹介します。

ショートカットキーとは?

文字の「コピー」や「貼り付け」などの操作をマウスを使わずに、キーボードの1つまたは複数のキーを組み合わせて行うことができます。

これを「ショートカットキー」といい、覚えるとマウスを使うよりも作業効率が大幅アップします。

対応しているWindowsのバージョン

  • Windows 8/8.1
  • Windows 10

キーボードショートカットキー

Ctrlキーを押したままZキーを押す。

Ctrl + Z

直前の操作を元に戻すショートカットキー

マウスを右クリックしてメニューから「元に戻す」を選んだときと同じ動作をします。

直前に行った操作を取り消すことができるショートカットキーです。

文字の操作を元に戻す

例えば「切り取った文字を元に戻したい」場合。

1Ctrl + Zを押す。

2文字が切り取る前の状態に戻ります。

切り取った文字を元に戻す

元に戻せる文字の操作

  • 削除した文字を元に戻す
  • 貼り付けた画像を元に戻す

ExcelやWord、Photoshopなどのアプリでも使えるので試してみてください。(※設定により使えない場合もあります。)

メモ帳やWordなどのアプリを終了させてしまうと、元に戻せなくなるのでご注意くださいね。

ファイル・フォルダの操作を元に戻す

例えば「削除したフォルダを元に戻したい」場合。

1Ctrl + Zを押す。

2ゴミ箱に捨てたフォルダが元の場所に戻ります。

削除したフォルダを元に戻す

元に戻せるファイル・フォルダの操作

  • コピー
  • 移動
  • 削除
  • ファイル・フォルダ名の変更

操作履歴が残っている分だけ元に戻せる

このショートカットキーは複数回押すことで、1つずつ操作を元に戻すことができます。

例えば以下の3つの操作を1から順にしたとします。

  1. フォルダの削除
  2. 画像ファイルの移動
  3. 画像ファイルのファイル名を変更

Ctrl + Zを1回押すと、画像のファイル名が変更前に戻ります。

もう一度Ctrl + Zを押すと、移動した画像ファイルが元の場所に戻ります。

さらにもう一度Ctrl + Zを押すと、削除したフォルダが元の場所に戻ります。

このようにCtrl + Zを連打することで、操作履歴を遡ることができます。

アプリやWindowsを終了してしまうと操作履歴が消えてしまうので、このショートカットキーでは元に戻せなくなります。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク