Windows 7/8/10 レジストリのバックアップと復元方法

LINEで送る
Pocket

レジストリとはPCの設定情報などが保存されているところで、基本的に私たちユーザーが直接編集する必要はありません。

ただ「Windowsの動作が重いので軽くしたい」とネットで検索すると「レジストリを編集して…」なんて書かれている記事があったり、他にも色々なカスタマイズができるのでちょっとやってみたくなりますよね。

ですがもしもレジストリの編集をすることによってトラブルが起きてしまうと最悪の場合、Windowsが起動しなくなってしまうこともあります。

そのときのためにも編集前には必ずバックアップを取りましょう。

この記事の内容は下記のWindowsバージョンを対象にしています。

  • Windows 7
  • Windows 8/8.1
  • Windows 10

スポンサーリンク

レジストリエディターの起動方法

キーボードの [ Windows ] キー + [ R ] を押すと [ ファイル名を指定して実行 ] が開きます。

Windowsキー+Rで「ファイル名を指定して実行」を開く

[ ファイル名を指定して実行 ] の [ 名前 ] に「regedit」と入力 > [ OK ] をクリック。

Windows 10 ファイル名を指定して実行

ユーザーアカウント制御が出るので [ はい ] をクリック。

Windows 10 ユーザーアカウント制御

レジストリエディターが起動します。

Windows 10 レジストリエディターが起動

どのバージョンもこのショートカットでレジストリエディターが開くと思いますがキーボードに [ Windows ] キーがないこともあるので別のやり方でレジストリエディターを起動する方法もご紹介します。

Windows 7でレジストリエディターを起動する

Windows 7は初期設定のままでは [ ファイル名を指定して実行 ] がスタートメニューに表示されません。なので [ スタート ] > [ プログラムとファイルの検索 ] に「regedit」と入力してレジストリエディターを起動します。

Windows 7 プログラムとファイルの検索

Windows 8/8.1でレジストリエディターを起動する

画面の左下をマウスで右クリック > [ ファイル名を指定して実行 ] > [ 名前 ] に「regedit」と入力 > [ OK ] をクリック。

Windows 8 ファイル名を指定して実行

Windows 10でレジストリエディターを起動する

[ スタート ] > [ Windows システムツール ] > [ ファイル名を指定して実行 ] > [ 名前 ] に「regedit」と入力 > [ OK ] をクリック。

Windows 10 ファイル名を指定して実行

レジストリのバックアップ方法

レジストリエディターを起動 > [ コンピューター ] を左クリックで選択。

レジストリエディターを起動

[ コンピューター ] の下層フォルダを選択すると選択したファイルだけバックアップすることができます。全体をバックアップする場合は [ コンピューター ] を選択します。

[ ファイル ] > [ エクスポート ] をクリック。

レジストリエディター エクスポート

保存したいフォルダを選び、ファイル名を付け [ 保存 ] をクリック。

ファイル名には保存した日時を含めるとあとでわかりやすいと思います。

レジストリのバックアップ

しばらくビジー状態になるかもしれませんが待ちます。

レジストリエディター(応答なし) ビジー状態

終わると先ほど指定したフォルダにレジストリのバックアップファイルが作成されます。

レジストリのバックアップファイル

レジストリの復元方法

バックアップファイルをダブルクリックするとレジストリの設定をバックアップした時点に復元することができます。

もしくはレジストリエディターを起動 > [ ファイル ] > [ インポート ] をクリック。

レジストリエディター インポート

バックアップファイルを選択 > [ 開く ] をクリック。

レジストリのバックアップファイルをインポート

レジストリの復元は事前にレジストリのバックアップをしていないとできません。

スポンサーリンク