どんな画面からでもスワイプだけで明るさが調整できるAndroidアプリ「Display brightness」

LINEで送る
Pocket

この記事を読む前にお読みください
この記事を書いたとき「Display brightness」はGoogle Playで配信されていたのですが、今はAmazonアプリストアからしか配信されていません。インストールする場合はAndroidの設定を提供元不明のアプリを許可する必要があります。

関連記事
AndroidスマホにAmazonアプリストアをインストールする方法

スマホを買い替えるたびに必ず入れるアプリってありますよね。私にもいくつかそんなお気に入りのアプリがあります。その一つが、どんな画面からでもスワイプするだけで画面輝度を調整できる「Display brightness」です。

スマホを使う場所の明るさによって画面が眩し過ぎたり暗過ぎたりしませんか?室内で使っているときはスマホ画面は暗めの方が目に優しいですよね。でも室内で使っていたときの明るさのまま、炎天下の外に出たら何も見えなくてロック画面を解除すらできないって経験をした方もいるのではないでしょうか。スライドバーを下げれば明るさ調整のスライドバーがあるのはわかっているのですが、それすら見えなかったり……

もっと簡単に明るさを調整できるアプリを探していたところ、見つけたのが「Display brightness」です。

スポンサーリンク

どんなアプリ?

ざっくり言うと、ロック画面でもゲーム中やカメラで撮影中でも画面を切り替えず、スライドバーも下げず、その画面のまま明るさを調整できるようにするアプリです。

Androidアプリ「Display brightness」

明るさを調整できるバーを常に画面の端に置いておける

タスクバーを下げたときに出てくるスライドバーと同じようなバーを上下左右の好きな場所に設置します。バーを右にスワイプ すると明るくなり、左にスワイプすると暗くなります。使わないときは透過させることができるので、邪魔になることもありません。

ロック画面からでも調整可能

ロック画面からでも操作可能なので、画面が暗くてロック解除ができないってことはありません。バーを設置した場所を覚えていれば、真っ暗な画面でも操作できます!

Android標準の明るさ設定よりも暗くできる

暗くした寝室でスマホをいじるときなど、明るさを最低値にしても明るすぎるってことがありますよね。そういったときに、スマホ画面が真っ暗になるまで明るさを調整できるアプリがあります。Androidでは「Screen Filter」なんかが有名ですが、「Display brightness」もバージョンアップにより真っ暗になるまで暗くできる機能がつきました。

特定のアプリが起動中のときだけ無効にできる

「除外リスト」というのがあり、そこに登録したアプリが起動中のときは「Display brightness」が無効になります。

注意点

タスクバーを下に降ろしたときに出る明るさ調整のスライドバーでは変更できなくなります。

設定画面

難しい設定はありませんが、自由度の高いアプリです。使いやすいようにカスタマイズしてみましょう!

Select size:バーの太さ
Select color:バーの色
Adjust transparency:バーの透明度
Select background color:バーの背景色
Adjust transparency:バーの背景の透明度
Select indicator color:インジケータの色
Adjust transparency:インジケータの透明度
Select alignment:バーの設置場所
Select length:バーの長さ
Overlay statusbar:ステータスバーの上にバーが表示される
Horizontal offset:バーを指定した数値の分だけ画面の端から水平方向に離す
Vertical offset:バーを指定した数値の分だけ画面の端から垂直方向に離す
Bar type:バーの種類(Solid bar、Volume barの2種類)
Set interval to change brightness:バーで調整できる明るさの最低値と最高値
Allow negative brightness:本体で設定できる明るさの最低値よりも、さらに輝度を下げることができる
Select negative color (trasparency is same as main color):画面の明るさ0%以下のバーの色
set maximum value of negative brightness:バーで調整できる明るさの最低値(0%~-100%まで)
Exclude list:除外リスト
Turn off onscreen percent indicator:インジケータを非表示
Adjust the brightness according to battery charge:バッテリー充電時の明るさ調整?
Enable autobrightness feature by long click:バーを長押しで明るさの自動調整が有効になる
1 second reaction delay after click down:バーをクリックした後、1秒反応を遅らせる
Auto hide indicator:未使用時はバーを隠す
Restart service every minute (helps to prevent app killing by system):タスキキラーでDisplay brightnessが終了される場合の対策
Start after reboot system:スマホを再起動したときにDisplay brightnessを自動に立ち上げる

Enable indicator:有効にする
Disable indicator:無効にする
Donation!:アプリ作成者に寄付をする

スポンサーリンク