Androidアプリ「Display brightness」

【Android】ステータスバーを下ろさず画面輝度を変更できるアプリ

この記事のURLとタイトルをコピーする

Androidスマホ・タブレットの画面の明るさを変えるとき、どんな操作をしていますか?

恐らくステータスバーを下にスワイプして明るさを変えるスライダーを動かしてるのではないでしょうか。

今回はステータスバーを下ろさず、どんな画面からでも直接明るさを変更できるアプリ「Display brightness」をご紹介します。

画面の明るさを変えることが多い人にオススメなアプリです。

私がスマホを初めて買ったときから現在まで、機種変更してもずっとインストールして使っているアプリの一つです。

Display brightnessって、どんなアプリ?

ざっくり言うと、常に画面上に画面の明るさを変更できるスライドバーを置いておき、そこに触れると明るくしたり暗くしたりできるアプリです。

ステータスバーから画面輝度を変更・Display brightnessで画面輝度を変更

画面の端ならどこにでもスライドバーを設置できるので、片手で画面の明るさを変えることも可能ですよ!

Display brightnessの特長

  • 無料アプリ
  • 常に画面輝度を変更できるスライドバーを画面上に配置
  • スライドバーは透過して見えなくすることも可能
  • 端末の標準設定以上に画面を暗くできる
  • 特定のアプリが起動中のときだけ無効にできる

知っておいてほしいこと

  • Amazonアプリストアでしか入手できない

以前はGoogle Playで配信されていたのですが、今はAmazonアプリストアからしか配信されていません。

Amazonアプリストアを利用したことがない人には抵抗があるかもしれませんが、Amazonのアカウントがあればダウンロードできます。

Display brightness
(Amazonアプリストアからダウンロード)

【開発元】RubberSoft / 【価格】無料

Display brightnessの使い方

Display brightnessを有効にする手順

1Display brightnessアプリを起動。

2[ Enable indicator ] をタップ。

これでDisplay brightnessが起動します。

あとは使いやすいように設定をカスタマイズしていきましょう。

Display brightnessを起動中は端末の輝度調整は無効になる

ちょっとだけ注意点をお伝えしておきます。

Display brightnessを起動している間は端末標準の画面の明るさを調整する方法
は無効になります。

タスクバーを下に降ろしたときに出る明るさ調整のスライドバーなどでは変更できなくなるので覚えておきましょう。

画面の明るさはDisplay brightnessからしか変更できません。

端末標準の輝度調整を使いたい場合はDisplay brightnessを無効にしましょう。

Display brightnessを無効にする手順

1Display brightnessアプリを起動。

2[ Disable indicator ] をタップ。

画面輝度を変更できるスライドバーを画面上に配置

下部に戻るボタンなどがあるナビゲーションバー以外の場所なら、画面のど真ん中でもスライドバーを置くことができます。

でもまぁ、あまり画面の中央寄りに配置してしまうと、別の操作をしたときに意図せず画面の明るさが変わってしまったりするので、基本的には画面の端がオススメです。

スライドバーの配置場所

上下に配置した場合、スライドバーを右にスワイプ すると明るくなり、左にスワイプすると暗くなります。

サイドに配置した場合、上にスワイプで明るくなり、下にスワイプで暗くなります。

スライドバーの配置場所の設定

1Display brightnessアプリを起動。

2[ Select alignment ] から配置する場所を選択。

3[ Horizontal offset ] に数値を入れると水平方向に移動する。

4[ Vertical offset ] に数値を入れると垂直方向に移動する。

他のアプリでは触らない場所に配置するのがコツです。

スライドバーを透過して普段は見えないようにする

便利そうなアプリだけど、常にスライドバーが表示されていたら動画観るときとかに邪魔だな~。

それ気になりますよね。でも設定でスライドバーを消すことができます。

未使用時はスライドバーを隠す

スライドバーを配置した場所を触ると一時的にスライドバーを表示して、その後フェードアウトしていきます。

スライドバーの配置場所の設定

1Display brightnessアプリを起動。

2[ Auto hide indicator ] にチェックを入れる。

透過するとスライドバーを配置した場所がわからなくなるので操作に慣れてからこの設定にするのがオススメ。

端末の標準設定以上に画面を暗くする

暗くした寝室でスマホをいじるときなど、明るさを最低値にしても明るすぎるってことがありますよね。

そういったときにスマホ画面が真っ暗になるまで明るさを調整できるアプリがあります。

Androidでは「Screen Filter」なんかが有名ですが、この「Display brightness」も真っ暗になるまで暗くできる機能があります。

端末の標準設定以上に画面を暗くする設定

1Display brightnessアプリを起動。

2[ Allow negative brightness ] にチェックを入れる。

特定のアプリが起動中のときだけ無効にできる

「除外リスト」というのがあり、そこに登録したアプリが起動中のときはスライドバーが表示されなくなります。

ゲームアプリなど画面操作がDisplay brightnessのスライドバーと干渉する場合は除外リストに登録しておくことで誤タッチを防ぐことができます。

除外リストに登録したアプリを画面に表示しているときはDisplay brightnessのスライドバーが非表示になっているだけで起動はしているので、端末標準の設定では画面の明るさを調整できません。

そのため画面の明るさを変えたいときはホーム画面に戻るなどしてDisplay brightnessのスライドバーから輝度調整する必要があります。

除外リストに登録したアプリを終了しなくてもホーム画面や他の除外リストに入れていないアプリを画面に表示すればOKです。

除外リストに登録する手順

未使用時はスライドバーを隠す

1Display brightnessアプリを起動。

2[ Add ] をタップ。

3インストールされているアプリが一覧表示されるので登録するアプリをタップ。

4除外リストに選択したアプリが登録されるので、Display brightnessアプリを終了する。

除外リスト登録後にDisplay brightnessアプリをタスクから終了させないと設定が反映されないのでご注意ください。

設定画面の機能一覧

英語ですが難しい設定はありません。

使いやすいようにカスタマイズしてみましょう!

用語の解説

メニュー項目動作
Select sizeバーの太さ
Select colorバーの色
Adjust transparencyバーの透明度
Select background colorバーの背景色
Adjust transparencyバーの背景の透明度
Select indicator colorインジケータの色
Adjust transparencyインジケータの透明度
Select alignmentバーの設置場所
Select lengthバーの長さ
Overlay statusbarステータスバーの上にバーが表示される
チェックを外すとステータスバーの下に表示される
Horizontal offsetバーを指定した数値の分だけ画面の端から水平方向に離す
Vertical offsetバーを指定した数値の分だけ画面の端から垂直方向に離す
Bar typeバーの種類(Solid bar、Volume barの2種類)
Set interval to change brightnessバーで調整できる明るさの最低値と最高値
Allow negative brightness本体で設定できる明るさの最低値よりも、さらに輝度を下げることができる
Select negative color
(trasparency is same as main color)
画面の明るさ0%以下のバーの色
set maximum value of negative brightnessバーで調整できる明るさの最低値(0%~-100%まで)
Exclude list除外リスト
Turn off onscreen percent indicatorインジケータを非表示
Adjust the brightness according to battery chargeバッテリー充電時の明るさ調整?
Enable autobrightness feature by long clickバーを長押しで明るさの自動調整が有効になる
1 second reaction delay after click downバーをクリックした後、1秒反応を遅らせる
Auto hide indicator未使用時はバーを隠す
Restart service every minute
(helps to prevent app killing by system)
タスキキラーでDisplay brightnessが終了される場合の対策
Start after reboot systemスマホを再起動したときにDisplay brightnessを自動に立ち上げる
Enable indicator有効にする
Disable indicator無効にする
Donation!アプリ作成者に寄付をする

動作を確認した環境

  • Display brightness 5.1
  • Android 2.3~
  • Android 8.0で動作することを確認
Display brightness
(Amazonアプリストアからダウンロード)

【開発元】RubberSoft / 【価格】無料

まとめ

2019年11月に調べてみたところ、画面の明るさを調整するアプリはGoogle Playにもたくさんありますが、常に画面に常駐させておくタイプは有料アプリが1つあるだけでした。

一度これに慣れるともう手放せないくらい便利なんで、もしよろしければ試してみてください!

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク