CPU・GPU・SSD・HDDの温度を確認できるフリーソフト「HWMonitor」

CPU・GPU・SSD・HDDの温度を確認できるフリーソフト「HWMonitor」

この記事のURLとタイトルをコピーする

Windows PCに不具合が出たとき、各箇所の温度を調べてみることで原因を絞り込むことができます。

どこに異常があるかがわかれば対策もできますので、まずは原因を探ってみましょう!

今回は各パーツの温度を確認するのに便利な無料で使えるアプリ「HWMonitor」の使い方をご紹介します。

この記事でわかること

  • 「HWMonitor」ってどんなアプリ?
  • 「HWMonitor」のダウンロードから使い方まで詳しくご紹介
  • CPU・GPU・SSD・HDDの温度の目安

「HWMonitor」ってどんなアプリ?

CPUなどの温度が上がりすぎてしまうとWindowsの動作が遅くなったり不具合の出る原因になります。

「熱暴走」とか言われているやつですね。

「HWMonitor」は各パーツの現在の温度を表示してくれるアプリです。

リアルタイムで温度の変化を見れるので、どの動作で負荷が掛かるのかなどのチェックにも使えます。

  • 無料で使えるフリーソフト
  • インストール不要

ダウンロードと実行

1公式サイトを開きます。

HWMonitor 公式サイト
HWMONITOR | Softwares | CPUID

2インストール不要の「ZIP・ENGLISH」をクリック。※日本語版はありません。

公式サイトにアクセス

インストール版の「SETUP・ENGLISH」でもいいのですが、ZIP版の「ZIP・ENGLISH」だと「ダウンロード→解凍→exeファイルを実行する」だけでお手軽に使用できるのでオススメです。

あまりPCにごちゃごちゃとインストールしたくないので単独で起動するアプリはありがたいです。

3「DOWNLOAD NOW!」を右クリックして [ 名前を付けてリンク先を保存 ] をクリック。

ZIPファイルをダウンロード

4ダウンロードしたZIPファイルを解凍します。

ZIPファイルの上にマウスカーソルを置き右クリック > [ すべて展開 ] をクリック。

ZIPファイルをダウンロード

5展開する場所を選んで [ 展開 ] をクリック。

現在の展開場所を変更したい場合は [ 参照 ] をクリックして展開先を選び [ フォルダーの選択 ] をクリックしてから [ 展開 ] をクリック。

ZIPファイルを展開する場所を選ぶ

ZIP版はいつでも移動OKなのでどこに展開してもいいと思います。

6展開されたフォルダーに3つのファイルが入っています。

展開したZIPファイルの中身

ファイル名
hwm_readmeこのアプリの更新履歴が書かれたテキストファイル
HWMonitor_x3232ビット版Windowsで使うアプリ本体
HWMonitor_x6464ビット版Windowsで使うアプリ本体

使っているWindowsが32ビットなら「HWMonitor_x32」、64ビットなら「HWMonitor_x64」をダブルクリックして実行します。

7ユーザーアカウント制御が出たら [ はい ] をクリック。

UACがでたら「はい」をクリック

操作はこれだけで、あとは表示された情報をチェックします。

温度の見方は次の項目でご紹介します。

各項目の見方とパーツの平均温度

HWMonitorを起動するとパーツごとに情報が表示されます。

英語と数字が並んでいてわけがわからないと思うかもしれませんが、それほど難しくありませんのでご安心ください。

まずは上部の項目 [ Value ] [ Min ] [ Max ] 。

上部の項目

項目
Value現在値
Min最小値
Max最大値

Min・Maxの数値はHWMonitorを起動してから計測された値の最小値と最大値です。

各パーツの温度の目安を記載していますが、製品により異なりますのであくまで目安としてお考えください。

異常値が出る場合

HWMonitorは異常値が出ることがあります。

マザーボードの温度が異常値

上の画像は私が今使っているPCのマザーボードの温度です。

「TMPIN5」はずっと127度の高温、「TMPIN8」は今は0度ですが最大値は127度まで上昇していました。

それに対して「SYSTIN」「TMPIN6」「TIMPIN3」は33度~40度の適正温度の範囲内です。

ずっと127度なのもおかしいし、0度だったのが127度まで上昇するほどの負荷が掛かったのであれば、他のももう少し温度が変化しても良さそうですよね。

なぜ異常値が出てしまうかというと、パーツによってHWMonitorが対応していないとこういった異常値を表示してしまうようです。

異常値なのか、本当に高温なのかを判断する方法

PC起動直後の何もしていない状態とPCに負荷の掛かるアプリ(ゲームなど)を起動してみて数値がどう変化するかを見てみると良いと思います。

しばらく使っていないPCが起動直後から高温ならば異常値の可能性があります。

異常値の部分は気にしなければ良いと思いますが、不安でしたら別のアプリで温度を確認することをオススメします。

マザーボード

マザーボードの項目

マザーボードの名前がわからないとき

【Windows 10】自分のPCのスペック・構成を確認する方法』のページでマザーボードの名前の調べ方を解説しています。

項目

項目
Voltages電圧
Temperatures温度
Fansファンの回転数
Fans PWMPWMファンの稼働率(PWM未対応の場合は0%の表示)
Utilization利用率
「PWM」とは回転数を制御する機能のことです。

マザーボードの温度の目安

温度
50度適正温度
70度以上高め

「SYSTIN」「TMPIN数字」がどこのことを指すのかはかわりません。

CPU

CPUの項目

CPUの名前がわからないとき

【Windows 10】自分のPCのスペック・構成を確認する方法』のページでCPUの名前の調べ方を解説しています。

項目

項目
Voltages電圧
Temperatures温度(マルチコアの場合はコア別に温度が表示されます)
PowersCPUの消費電力
Clocks動作クロック
Utilizationコア別の利用率

CPUの温度の目安

温度
50度適正温度
80度以上高め

CPUの温度が高いときの対策

CPUの温度が高い場合はCPUとヒートシンク(放熱する部品)の間のグリスを塗り直すことも検討してみてはいかがでしょうか。

CPUとヒートシンクの間のわずかな隙間に空気などが入ると熱伝導率が落ちてしまいCPUの熱を効率よく逃がせなくなります。

その隙間を埋めるため購入時からグリスが塗られているとは思いますが、数年経つと固まっていたりするので古いものを一度綺麗に拭き取り塗り直すことで熱伝導効率を高めることができます。

HDD(ハードディスク)

複数のHDDを搭載している場合は、各ドライブごとに表示されます。

HDDの項目

項目

項目
Temperatures温度
Utilization使用率

HDDの温度の目安

温度
~40度安全
~50度やや危険
60度以上危険

SSD

SSDの項目

項目

項目
Temperatures温度
Utilization使用率

SSDの温度の目安

温度
~50度適正温度
70度以上危険

GPU

GPU(Graphics Processing Unit)とはグラフィックボードに乗ってるチップのことです。

GPUの項目

GPUの名前がわからないとき

【Windows 10】自分のPCのスペック・構成を確認する方法』のページでグラフィックボードの名前の調べ方を解説しています。

項目

項目
Voltages電圧
Temperatures温度
Fansファンの回転数
Fans PWMPWMファンの稼働率(PWM未対応の場合は0%の表示)
Powers消費電力
Clocks動作クロック
Utilizationコア別の利用率

GPUの温度の目安

温度
80度高め
90度以上危険

HWMonitorの動作環境

  • Windows 8/8.1
  • Windows 10

アンインストール

HWMonitorのZIP版はダウンロードして展開(解凍)したファイルを削除するだけ。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク