【Evernote】テンプレート機能の使い方

LINEで送る
Pocket

2018年9月頃に新しく搭載されたテンプレート機能。その使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

テンプレートとは?

繰り返し使う文章やレイアウトを保存したものを「テンプレート」または「雛形」と言います。

ノートを新規作成する際にテンプレートを使うことにより効率良く作業を進めることができます。

毎日付ける日記など、記入する項目が予め入力されていれば、そこにその日のことを書き込んでいくだけで済みますし、書き忘れを防ぐことができます。

また、同じ形でデータを入力することで見返したときに見やすい資料となります。

テンプレートで作成したノート

スマホにも対応

テンプレート機能はスマホにも対応しています。

ただEvernote公式が提供しているテンプレートは表でレイアウトされているものが多いため、スマホの小さな画面では横が途切れてしまい全て表示されません。

テーブルレイアウトはPCでは見やすいが…

スマホでは横にスワイプすれば見れるのですが、全体を一度に表示することができないテンプレートもあります。PC版でもウインドウサイズによっては横スクロールが出ます。

スマホではスワイプが必要

それからスマホでは、表の中へ入力中は文章全体が表示されないため、長文を書くのは少し厳しい感じなのが残念なところ。

テーブルレイアウトでは文章が全て見れない

スマホをメインで使うなら、一言くらいの短さなら問題ありませんが、長文の入力が必要な場合は表を使わずテンプレートを自作した方がいいかもしれません。

テンプレートの保存

テンプレートを使ってノートを作成するには、まずテンプレートを保存する必要があります。

【Windows版】Evernote公式テンプレートを保存する

【1】ブラウザで下記のURLを開く。

https://evernote.com/intl/jp/templates

【2】テンプレートを選び [ テンプレートを表示 ] をクリック。

テンプレートを表示する

【3】右上にある [ テンプレートを保存 ] をクリック。

テンプレートを保存

【4】アカウントの新規作成画面が表示されるのでアカウントを持っている場合は [ ログイン ] をクリック。

Evernoteにログインする

【5】メールアドレスかユーザ名を入力 > [ 続行 ] > パスワードを入力 [ ログイン ] をクリック。

Evernoteにユーザ名とパスワードを入力

【6】右上の [ テンプレートを保存 ] をクリック。

テンプレートを保存

以上でEvernoteにテンプレートが保存されます。

【Android版】Evernote公式テンプレートを保存する

【1】Evernoteアプリを起動 > [ + ] マーク > [ テキストノート ] をタップ。

新規ノートを作成

【2】[ テンプレート ] > [ テンプレートの見本を表示 ] をタップ > Evernote公式のテンプレート一覧が表示されます。

Evernote公式のテンプレート一覧を表示する

【3】保存したいテンプレートを選んで [ テンプレートを表示 ] をタップ > 実行方法を聞かれたらEvernoteを選択して [ 毎回 ] をタップ。

Evernote公式のテンプレート一覧を表示する

【4】Evernoteアプリで先ほど選んだテンプレートが表示されるので右上の3つの点アイコンをタップ > [ テンプレートとして保存 ] をタップ。

テンプレートを保存する

【5】テンプレートのタイトルを入力して [ 保存 ] をタップ。

テンプレートのタイトルを付けて保存

以上でEvernoteにテンプレートが保存されます。

自作・非公式なテンプレートの保存

Evernote公式が提供しているテンプレートはベーシックプラン(無料ユーザー)でも保存可能です。

自分で作成したもの、Evernote公式のテンプレートの内容を少し変更して保存したい場合、非公式でEvernote用のテンプレートを公開してくれているサイトのものなどは、有料版ユーザーのみテンプレートとして保存することができます。

Evernote公式が提供しているテンプレート以外を保存できるプラン

  • Evernote プラス
  • Evernote プレミアム
  • Evernote Business

有料版をお使いの場合は、テンプレートとして保存したいノートを開き、右上にある3つの点アイコンから [ テンプレートとして保存 ] で、テンプレートとして使うことができるようになります。

非公式サイトで公開されているテンプレートは一度Evernoteにノートとして保存してから [ テンプレートとして保存 ] します。

テンプレートを保存する

テンプレートを使ってノートを作成する

テンプレートを選択できるのは、ノートを新規作成するときのみです。

【Windows版】テンプレートの使い方

[ + ] マークをクリック、もしくはキーボードの [ Ctrl ] + [ N ] キーで新規ノートを作成すると、保存したテンプレートを選択できます。

Windows版 新規ノートにテンプレートを読み込む

【Android版】テンプレートの使い方

【1】Evernoteアプリを起動 > [ + ] マーク > [ テキストノート ] をタップ。

新規ノートを作成

【2】[ テンプレート ] をタップ > 保存したテンプレートを選択して新規ノートを作成します。

Android版 新規ノートにテンプレートを読み込む

ベーシックプラン(無料版)でもテンプレートを使う方法

Evernoteにテンプレート機能がなかった頃は、この方法でテンプレートを使っていました。

【1】テンプレートとして使いたいノートを作成、またはサイトからコピーする。

【2】テンプレートのノートを複製して使用する。

Windows版は複製したいノートを右クリック > [ ノートを複製 ] をクリック。

Windows版 ノートの複製

Android版は複製したいノートを開き、右上の3つの点アイコンをタップ > [ 複製 ] をタップ。

Android版 ノートの複製

テンプレートを提供してくれているサイト

テンプレート | Evernote で大切なノートを整理

Evernote公式が提供しているテンプレート。2018年11月の時点では25種類のテンプレートが用意されています。

小説・プロットなど執筆活動されている人に多く使われているためか、「キャラクター設定」「ストーリーボード」「プロット: 3 幕構成」のテンプレートがありました。

仕事に使えそうなものも沢山あるので、公式のテンプレートを元に自分用にカスタマイズすればより便利になります。

Evernote テンプレート|無料で使えるフリーテンプレート

こちらは非公式ですが、約30種類のテンプレートを無料で公開してくれているサイトです。

ビジネス向けから女性向けのデザインまであります。

コピペで使える見出しや仕切り線もあるので、これを利用してオリジナルのテンプレートも作れそうです。

Evernote|第0版

こちらも非公式。「週間スケジュール」「レシピブック」「災害備蓄品リスト」「3行日記」などのテンプレートを公開してくれています。

色鮮やかで綺麗な見出しリストもあって、Evernote公式のテンプレートとは違う雰囲気のものが作れそうです。

テンプレート: 2018 Evernote カレンダー(予定表)

Evernote公式のカレンダーです。毎年公開されていてます。

「年間カレンダー」「月間カレンダー」「週間プランナー」「デイリープランナー」があります。

2年前から月間カレンダーを使っているのですが、一覧性に優れていて便利です。PC向きですが、スマホでもそれほど見づらさを感じません。

ノートリンクを駆使すれば月間カレンダーから日毎のノートへ飛べたり、カレンダー内に写真を張り付けたりと工夫次第でかなり使えるテンプレートとなります。

毎年、日本のカレンダーも用意してくれますし、少し手間はかかりますがEvernoteの表をいじれば月曜始まりにも変更できます。

テンプレートを自作する

HTMLとCSSの知識があれば簡単に自作のテンプレートが作れます。

メモ帳でHTMLとCSSでテンプレートを作成してブラウザで開き、それをコピペしてEvernoteに貼り付ければ完成です。

CSSをインラインで書かなければEvernoteには反映されないので、その点だけご注意ください。

スポンサーリンク