【使い方別】Evernoteの代替サービス22選

LINEで送る
Pocket

Evernoteはプレミアムプランにアップグレードして毎日使っていて、自分にとっては仕事にもプライベートにもなくてはならないものとなりました。

より良いサービスがあれば乗り換えたいという気持ちもあり、検討はするものの結局はEvernoteで落ち着いています。機能、ストレージ容量を考えると毎回Evernoteの代わりになるサービスはないという結論になります。

せっかくなので今回乗り換えを検討したときにEvernoteの代替サービスとして候補に挙がったものをまとめてみました。

候補に入れたものの試せていないサービスもあります。有料版の価格は調べた当時のものになりますので、契約される前に再度ご確認ください。

スポンサーリンク

求める機能を明確にする

Evernoteには仕事・プライベートを含め全てを詰め込んでいます。とにかく記録・保存はEvernoteと決めています。

情報を一元管理するのに一番向いているのがEvernoteだと思います。

色んな形式のファイルを添付やWebクリップができて、違う端末で同期できる。画像やPDFの中まで検索できるので情報が引き出しやすいのも特徴です。

情報の一元管理をできそうな他のサービスはOneNoteだけでした。唯一Evernoteに近い機能を持っていたのがOneNoteです。

Evernoteはこういった情報を管理するのに向いていますが文章を書く作業スペースとしてはあまり使い勝手が良くないというか、他にもっと良いサービスがあります。

私は文章を書くときはEvernoteを使わず別のテキストエディタで書いています。書き終わったらEvernoteへ送り、必要になったときはEvernote内を検索すれば見つけられる状態にしています。

このように私は情報の集約先としてEvernoteを使っていますが、求めるものが違えば乗り換え先はOneNote一択ではありません。

というわけで、Evernoteの使い方別で乗り換え先を分けてみました。

Evernoteの代替サービス

OneNote

OneNote
https://www.onenote.com/

OneNote
開発元: Microsoft Corporation
価格: 無料
  • Mac OS・Windows・iOS・Androidに対応
  • Webブラウザ版もある
  • OneDriveに保存されるので無料の場合は5GBまで
  • 1ヶ月249円で50GB、1ヶ月1,274円で1TBに

Evernoteに近い機能を持つのがMicrosoftが提供するOneNoteです。

EvernoteからOneNoteへデータをインポートできるツールが用意されているので、乗り換えも気軽に行うことができます。

機能面はかなり似ているため、どちらを選ぶかは容量の問題と好みになるかと思います。

Milanote

Milanote
https://www.milanote.com/

  • Webブラウザに対応
  • iPhone・Android対応のアプリは近日公開
  • 100ノートまで無料
  • 100ノート以上は月額$9.99

クリエイティブな仕事のためのメモアプリ。Apple・Google・Adobeなどの企業も使用しているそうです。

メインボードにノートや画像を貼り付けて自由に配置したり、それを線で繋げたりすることができる思考スペースといった感じです。

公式サイトには「クリエイティブ向けのEvernote」と書かれているように、ノート機能はもちろん共有やチャット機能もEvernoteと同様に備えています。

Google Keep

Google Keep
https://www.google.com/keep/

Google Keep – メモとリスト
開発元: Google LLC
価格: 無料
  • iOS・Android・Webブラウザに対応
  • 付箋メモ
  • 画像ファイルしか保存できない
  • プレーンテキストのみ
  • 無料

こちらもよくEvernoteの代替サービスとして名前が挙がりますが、多機能というよりはシンプルなメモ帳アプリという感じです。

Scrapbox

Scrapbox
https://scrapbox.io/

  • wiki
  • Markdownのような記法が使える
  • アウトライナー機能あり
  • アプリがないWebサービス
  • 無料
  • 日本製

Evernoteからの乗り換え先として最近Scrapboxを選ぶ人が増えた気がします。

画像を貼り付けるにはScrapboxと同じ運営会社のサービス「Gyazo」を使う必要があります。

「新しいwikiサービス」として登場したScrapboxです。今のところスマホに対応したアプリがないのが残念なところ。

Slite

Slite
https://slite.com/

  • Mac OS・Windows対応
  • 無料版あり・有料版は$6.67/月
  • 複数人での同時編集が可能

チーム向けのノート共有サービス。iOS版とAndroid版アプリは準備中のようです。

Slackとの共有機能もあります。

Notion

Notion
https://www.notion.so/

Notion – Notes, Tasks, Wikis
開発元: Notion Labs, Inc.
価格: 無料
  • Mac OS・Windows・iOS・Androoid対応
  • 無料版あり・有料版$4、$8、$16
  • wiki

ノートの中に表やカレンダーを作成できます。wiki、タスク管理など多機能なサービス。

Agenda

Agenda
https://agenda.com/

Agenda – A new take on notes
開発元: Momenta B.V.
価格: 無料
  • Mac OS・iOSに対応
  • 基本無料ですが、一部機能が有料

esa.io

esa.io
https://esa.io/

  • 添付ファイルの容量:は無制限
  • 1ファイルの大きさは10MBまで、アップロード先を独自のS3 Bucketにすれば1ファイル50MBまで
  • Markdown対応
  • Googleアカウントによる認証にのみ対応
  • 2ヶ月は無料でお試しできる
  • 月額500円/1人
  • クレジットカード払いのみ

情報共有ツールですが、個人でも使えます。

アプリがなくWebのみでの利用になりそうです。

Quip

Quip
https://quip.com/

Quip
開発元: Quip, Inc.
価格: 無料
  • 無料体験版あり、有料版$30~/月

GoogleスプレッドシートやGoogleドキュメントに近いサービス。

無料体験終了後は$30/月と少しお高め。

DEVONthink

DEVONthink
https://www.devontechnologies.com/

DEVONthink To Go
開発元: DEVONtechnologies, LLC
価格: ¥1,800
  • Mac OS・iOSのみ対応

Evernoteからインポートする機能があるようです。

Kibela

Kibela
https://kibe.la/

  • 無料プランは5人まで、1人1GBのストレージ
  • スタンダードプランは540円/月
  • 「Blog」と「Wiki」の2種類が書ける
  • Markdown対応
  • ブラウザでの利用

情報共有ツール。

執筆向けのサービス

文章を書くことをメインにEvernoteを使っているなら、執筆することに重点を置いたサービスが向いています

Simple Note

Simple Note
https://simplenote.com/

Simplenote
開発元: Automattic, Inc
価格: 無料
  • macOS・Windows・Linux・iOS・Androidに対応
  • 画像は入れられない
  • プレーンテキストのみ
  • Markdown対応
  • 同期可能
  • 無料

サービス名の通り機能を絞ったシンプルなノート。

Bear

Bear
http://www.bear-writer.com/

Bear – 美麗なノート作成・テキストエディタアプリ
開発元: Shiny Frog
価格: 無料
  • iOS・Mac OSに対応
  • HTML・Markdownに対応
  • iPhoneとMac間での同期は有料
  • ライター向け

iOSとMac OSにしか対応していないのが残念です。評判は良いです。

Ulysses

Ulysses
https://ulyssesapp.com/

Ulysses
開発元: Ulysses GmbH & Co. KG
価格: 有料
  • iOS・macOSに対応
  • 14日間無料で試用可能
  • 月額4.99ドル、年額39.99ドル
  • Markdown対応
  • 同期可能
  • ライター向け

サブスクリプションの有料アプリです。こちらもiOSとMac OSにしか対応していません。

Dropbox Paper

Dropbox Paper
https://www.dropbox.com/ja/paper

Dropbox Paper
開発元: Dropbox, Inc.
価格: 無料
  • iOS・Android・Webブラウザに対応
  • Dropboxのアカウントで利用可能
  • Dropbox のストレージ容量を消費しない
  • ライター向け

Work Flowy

Work Flowy
https://workflowy.com/

WorkFlowy
開発元: WorkFlowy
価格: 無料
  • Mac OS・Windows・iOS・Androidに対応
  • アウトライナー
  • 同期可能
  • 無料

リスト形式で文章を書いていくことができます。

Dynalist

Dynalist
https://dynalist.io/

Dynalist
開発元: Dynalist Inc.
価格: 無料
  • Mac OS・Windows・Linux・iOS・Androidに対応
  • アウトライナー
  • Markdown対応
  • 同期可能
  • 無料あり・PRO版は$7.99/月

Work Flowyの乗り換え先としてまず候補にあがることの多いDynalist。無料で無制限のアイテムとドキュメントを作成できます。

私はWindows PCのChromeブラウザと、Androidのアプリ版を無料で利用しています。Evernoteでは動作が重くなってしまう約9万文字の長文をDynalistにコピペしてみましたがサクサク動きます。

Webクリップ

EvernoteをWebクリップとして使っていた人向け。

「あとで読む」系の有名な2つのサービスです。

Pocket

Pocket
https://getpocket.com/

Pocket
開発元: Read It Later
価格: 無料
  • 無料で使える
  • 有料版は500円/月

Instapaper

Instapaper
https://www.instapaper.com/

Instapaper
開発元: Instant Paper, Inc.
価格: 無料
  • 無料版あり
  • 有料版は$2.99/月

プログラマ向けのサービス

Evernoteはコードのシンタックスハイライトに対応してなかったり、Markdownが微妙だったりします。

プログラマ向けにはそれに特化したサービスがあります。

Inkdrop

Inkdrop
https://www.inkdrop.info/

Inkdrop
開発元: Takuya Matsuyama
価格: 有料
  • macOS・Windows・Linux・iOS・Androidに対応
  • Markdown対応
  • 月額 $4.99 または 年額 $49.90
  • 60日間のフリートライアルあり
  • 英語版のみ
  • 開発者は日本人
  • プログラマ向け

Boostnote

Boostnote
https://boostnote.io/

Boostnote
開発元: MAISIN&CO
価格: 無料
  • iOS・Windows・Linux・Androidに対応
  • クラウドで自動的に同期する機能はない
  • Dropboxなどを使えば同期可能
  • Markdown対応
  • 日本製
  • プログラマ向け
  • 無料

Quiver

Quiver
http://happenapps.com/

Quiver – take better notes
開発元: HappenApps, Inc.
価格: 無料
  • Mac OS・iOSに対応
  • Markdown対応
  • iOSアプリは1,200円買い切り
  • プログラマ向け

まとめ

色々検討してみましたが、やはりまだEvernoteからは離れられそうにありません。

2018年に入りEvernoteが従業員をリストラ、CEOの交代などのニュースが流れ、このままEvernoteというサービスが存続できるのかという不安が出てきました。個人的には今回のCEO交代はポジティブに捉えていますが。

できればこのままEvernoteにはサービスを継続してもらいたいと願っています。

スポンサーリンク