【個人OK】Office 365 Businessの購入方法!契約手順のまとめ

LINEで送る
Pocket

Office 365 Businessは「一般法人向け」として提供されていますが、Microsoftの公式サイトで個人でも使えるという記事があります。

個人事業主、フリーランサーが「Office 365 Business」シリーズを利用するにはどうすればいいの?

家庭向けとされているOffice 365 Soloよりもインストール可能なPC台数が多く、しかも料金も少し安いのでOffice 365 Businessのサブスクリプション契約をすることにしました。

そのときの手順などをまとめておきます。

契約後はすぐにOfficeをインストールして使用することができます。

スポンサーリンク

契約前に準備するもの

  1. クレジットカード
  2. 電話番号
  3. ビジネスアカウントに使用するユーザー名と会社名

支払方法はクレジットカードのみです。使えるブランドは下記の通り。

  • VISA
  • Mastercard
  • JCB
  • アメリカン・エキスプレス

電話番号は認証コードを受け取るために必要になります。

また、Office 365 Businessでは今まで使用していたMicrosoftアカウントを持っていても、それを使うことはできません。新規でビジネス用のアカウントを作成します。

ビジネスアカウントは「ユーザー名@会社名.onmicrosoft.com」となります。この「ユーザー名」と「会社名」を自分で決める必要があります。

会社名は既に他のユーザーが使用しているものは使えません。英文字a-zまたは数字のみを使用したものを考えておくとスムーズに契約できます。

実際に契約したときの手順

【1】下記のリンクからMicrosoft公式サイトにアクセスする。

Microsoft Office 製品の購入と比較 | Office

【2】Office 365 Businessの [ 今すぐ購入 ] を左クリック。

一般法人向けのOffice 365 Businessを購入する

【3】項目を入力して [ 次へ ] を左クリック。

名前・連絡先・会社名等を入力

ここで入力する項目は下記の通りです。全て必須項目となっています。

  • 姓名
  • 勤務先の電子メールアドレス
  • 勤務先電話番号
  • 会社名
  • 組織の規模

個人で契約する場合は、会社名には自分の名前を入力しておけば問題ありません。個人の場合、組織の規模は「1人」を選びます。

【4】ユーザーIDとパスワードを入力 > [ アカウントの作成 ] を左クリック。

ビジネスアカウントを作成します。

ユーザーIDとパスワードを入力

「ユーザー名@会社名.onmicrosoft.com」というアカウントになります。

  • 会社名は他のユーザーが使用しているものは使用できません。a-zの英数字または数字のみ使用可能
  • パスワードは16文字以内(「-」、「*」は使えました。)

【5】電話番号を入力して [ メッセージを自分に送信 ] を左クリック。

電話番号を入力

【6】先ほど入力した電話番号にメッセージが届くので、そこに記載されている認証コードを入力 > [ 次へ ] を左クリック。

認証コードを入力

【7】しばらくお待ちください

「しばらくお待ちください」画面が出たら、しばらく待ちます。

しばらくお待ちください

【8】郵便番号・住所を入力 > [ 次へ ] を左クリック。

郵便番号・住所を入力

【9】料金を確認 > [ 次へ ] を左クリック。

料金を確認する

Office 365 Businessは1人で5台のPCにOfficeをインストールして使用することができます。ただ使用できるのは契約した本人のみです。

1ユーザーで契約して5人で使用することは規約違反となります。この場合は5ユーザーで申込む必要があります。

1ユーザー900円なので2ユーザーだと1,800円と、使用する人数分の料金が発生します。

【10】クレジットカードの情報を入力 > [ 注文 ] を左クリック。

支払いを月額か年額にするか選ぶことができます。

クレジットカードの情報を入力

注文クリック後は少し時間がかかるかもしれません。

【11】「すべて完了しました!」という画面が表示されたら完了です。

クレジットカードの情報を入力

Officeをインストールすればすぐに使用できます。

スポンサーリンク