OmniMarkupPreviewerでコピーとエクスポートができない原因

LINEで送る
Pocket

Sublime Text 3をMarkdownエディタにするプラグイン「OmniMarkupPreviewer」では、ショートカットキーでMarkdownからHTMLに変換したものをクリップボードにコピーしたり、HTMLファイルとして出力することができます。

ただこの機能が上手くいかないことが度々あり、その原因がわかりました。

スポンサーリンク

環境

  • Windows 8.1/10
  • Sublime Text 3(build 3126)

症状

  • [ Ctrl ] + [ Alt ] + [ O ] キーでブラウザが起動してプレビューはできる
  • [ Ctrl ] + [ Alt ] + [ C ] キーでクリップボードにコピーができない
  • [ Ctrl ] + [ Alt ] + [ X ] キーでHTMLファイルとして出力できない

原因を探す

コピーとエクスポートができなくなると、Sublime Text 3やWindowsを再起動させてもダメでした。

別のMarkdownファイルで試したところコピーとエクスポートが機能したので、問題はMarkdownファイルの中にあることがわかりました。

少しずつ書いたものを削っていき原因を突き止めました。

原因は相対パスで書いた画像リンク

サイトに掲載する記事を書く際に、アップロード前の画像を相対パスで書いていました。

![画像01](./image_01.png)

ローカル環境でも画像が確認できるためこのようにしていたのですが、まだ作成していない画像も先にリンクだけ書いていたのです。

つまり画像がないリンク切れの状態です。それがコピーとエクスポートができない原因となっていました。

ちなみに存在しないリンクを相対パスで書いても大丈夫でした。

[存在しないURL](./nai/index.html)

存在しない画像の絶対パスでもコピーとエクスポートはできました。

![存在しない画像](https://316-jp.com/nai.jpeg)

 

スポンサーリンク