【Windows】「ローマ字入力」「かな入力」を切り替える方法

【Windows】「ローマ字入力」「かな入力」を切り替える方法

この記事のURLとタイトルをコピーする
あれ?「あ」って入力したかったのに「ち」になっちゃった。

こんなことが、たま~にありますよね。

意図せず「ローマ字入力」と「かな入力」が切り替わってしまったのが原因です。

今回は「ローマ字入力」と「かな入力」の切り替え方法をいくつかご紹介します。

この記事でわかること

  • 「ローマ字入力」と「かな入力」の違い
  • 「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える4つの方法
  • かな入力を無効にする方法

対応しているOSとIME

  • Windows 8/8.1
  • Windows 10
  • Microsoft IME

「Microsoft IME」っていうのはWindows PCに最初から入っている標準の日本語入力システムの名前です。

「Google 日本語入力」など別のアプリを使っている場合は、この記事の内容では切り替えられないのでご注意くださいね。

「ローマ字入力」と「かな入力」

日本語の入力方式は以下の2種類。

  • ローマ字入力
  • かな入力

キーボードの [ A ] を押したとき「あ」と入力されるのがローマ字入力。

「ち」と入力されるのがかな入力です。

「ローマ字入力」「かな入力」の違い

「ローマ字入力」とはローマ字で日本語を入力していきます。

「ひらがな」とはキーボードの書かれたひらがなのキーを押して日本語を入力します。

「ひらがな」と入力する場合

「ひらがな」と入力する

「ローマ字入力」「かな入力」の切替方法

「ローマ字入力」と「かな入力」を切り替える方法をいくつかご紹介します。

キーボードから変更する

[ Alt ] + [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キー

1入力モードを直接入力(半角英数)以外にする。

入力モードを直接入力以外にする

IMEアイコンや言語バーがない場合は『言語バーを表示・非表示にする方法』をご覧ください。

2キーボードの [ Alt ] キーを押しながら [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キーを押す。

Altを押しながらひらがなキー

3「ローマ字入力とかな入力を切り替えますか?」という確認ダイアログが出たら [ はい ] をクリック。

ローマ字入力とかな入力を切り替えますか?

「今後、このダイアログを表示しない。」にチェックを入れたときの挙動は後述の『ダイアログからかな入力を無効にする』をご覧ください。

この操作ができない場合は無効になっている可能性があります。

[ Shift ] + [ Ctrl ] + [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キー

[ Shift ] キーと [ Ctrl ] キーを押しながら [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キー押す。

shift+Ctrl+ひらがなキー

この方法だと直接入力モードでも「ローマ字入力」「かな入力」が切り替えられます。

Microsoft IMEのアイコンから変更する

Microsoft IMEのアイコンから入力方式を切り替える

1[ あ ] (または [ A ] [ カ ] ) を右クリック。

「IMEが無効です」と出たらデスクトップの何もない場所をクリックします。

2[ ローマ字入力 / かな入力 ] > [ ローマ字入力 ] か [ かな入力 ] を選びクリック。

言語バーから変更する

Windows 10の初期設定では言語バーが表示されていません。

表示させる方法は『言語バーを表示する方法』をご覧ください。

言語バーの [ KANA ] をクリックすると [ ローマ字入力 ] [ かな入力 ] が入れ替わります。

右下の方の [ KANA ] の色でどちらの入力方式が有効になっているかわかります。

言語バーから入力方式を切り替える

ローマ字入力かな入力

Windows 10でタスクバーの中に言語バーが入っていると [ KANA ] ボタンがタスクバーと同じ色になってしまっていて見えないのですが、マウスカーソルを乗せるとボタンがあることがわかると思います。

プロパティから変更する

1[ あ ] (または [ A ] [ カ ] ) を右クリック > [ プロパティ ] をクリック。

「IMEが無効です」と出たらデスクトップの何もない場所をクリックします。

言語バーの場合

[ ツール ] > [ プロパティ ] をクリック。

プロパティを開く

2[ 詳細設定 ] をクリック。

Microsoft IMEの設定

3[ 全般 ] タブ > [ ローマ字入力/かな入力 ] から [ ローマ字入力 ] か [ かな入力 ] を選択して [ 適用 ] をクリック。

Microsoft IMEの設定

ショートカットキーでのかな入力を無効にする方法

キーボードの [ Alt ] キー+ [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キーでのローマ字入力とかな入力の切り替えを無効にします。

[ Shift ] + [ Ctrl ] + [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キーは無効になりません。こちらはあまり押し間違えることはなさそうなので問題ない気もします。

ダイアログからかな入力を無効にする

1入力モードを直接入力(半角英数)以外にする。

入力モードを直接入力以外にする

2キーボードの [ Alt ] キーを押しながら [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キーを押す。

Altを押しながらひらがなキー

3「ローマ字入力とかな入力を切り替えますか?」という確認ダイアログが出たら「今後、このダイアログを表示しない。」にチェックを入れます。

ローマ字入力とかな入力を切り替えますか?

チェックを入れた状態で [ はい ] か [ いいえ ] をクリックすると、以下のようになります。

挙動
はい次回から [ Alt ] + [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キーで確認ダイアログの表示なしでローマ字入力/かな入力が切り替わる
いいえ次回から [ Alt ] + [ カタカナ/ひらがな/ローマ字 ] キーが無効になりローマ字入力/かな入力は切り替わらない
やっぱりどちらにも設定したくない場合は右上の [ × ] マークをクリックしましょう。

この設定を戻したい場合は「設定を元に戻す手順」の項目をご覧ください。

設定からかな入力を無効にする

1[ あ ] (または [ A ] [ カ ] ) を右クリック > [ プロパティ ] をクリック。

「IMEが無効です」と出たらデスクトップの何もない場所をクリックします。

言語バーの場合

[ ツール ] > [ プロパティ ] をクリック。

プロパティを開く

2[ 詳細設定 ] をクリック。

詳細設定をクリック

3[ キー設定 ] の [ Microsoft IME ] の横の [ 変更 ] をクリック。

キー設定の変更

4[ キー設定 ] > [ *キー ] の一番下の [ ローマ字 ] をクリック > [ 削除 ] > [ OK ] をクリック。

キー設定からローマ字を削除

5[ Microsoft IMEの詳細設定 ] も [ OK ] をクリックして閉じる。

キー設定からローマ字を削除

設定を元に戻す手順

先ほどご紹介した設定を元に戻す方法です。

もしMicrosoft IMEの設定をいじっていた場合、それも初期設定に戻ってしまいますのでご注意ください。

常に半角スペースになるように設定していたりする場合、それも初期設定に戻ってしまい再度設定が必要になります。

1[ あ ] (または [ A ] [ カ ] ) を右クリック > [ プロパティ ] をクリック。

「IMEが無効です」と出たらデスクトップの何もない場所をクリックします。

言語バーの場合

[ ツール ] > [ プロパティ ] をクリック。

プロパティを開く

2[ 詳細設定 ] をクリック。

詳細設定をクリック

3[ その他 ] タブ > [ プロパティの設定を規定値に戻す ] をクリック。

プロパティの設定を規定値に戻す

4「この機能を実行するとMicrosoft IMEの設定がすべて標準状態に戻ります。実行しますか?」という確認ダイアログが出たら [ はい ] をクリック。

全ての設定を標準状態に戻す

5「この操作はキャンセルできません。実行しますか?」という確認ダイアログが出たら [ はい ] をクリック。

実行の確認

これでMicrosoft IMEが初期設定に戻ります。

この記事のURLとタイトルをコピーする

スポンサーリンク