【Windows】Office 365 BusinessでOffice 2016を個別にインストールする方法

LINEで送る
Pocket

Office 365 Businessを契約してOffice 2016をインストールすると、下記の全てのアプリ(ソフトウェア)がPCに入ってしまいます。

  • Outlook
  • Word
  • Excel
  • PowerPoint
  • OneNote
  • Access
  • Publisher
  • Skype for Business

Windowsに始めからインストールされていたOneNoteとは別に「OneNote 2016」が追加されます。両者の違いについてはMicrosoftのページでご確認ください。

OneNote と OneNote 2016 との違い

今回はこのアプリの中から使いたいものだけを選んでインストールする方法をご紹介します。

スポンサーリンク

Office 2016を個別にインストールる手順

ツールのダウンロード

まずは個別インストールに必要なツールをMicrosoftの公式ページからダウンロードします。

Office 2016 Deployment Tool
Download Office 2016 Deployment Tool from Official Microsoft Download Center

【1】[ Download ] を左クリック。

Office 2016 Deployment Toolをダウンロードする

ツールから2つのファイルを展開

【2】ダウンロードが完了したら実行します。

ダウンロードしたファイルの保存先はブラウザの設定をご確認ください。

ダウンロードしたファイルを実行

【3】表示されたライセンスを確認 > チェックボックスにチェックを入れる > [ Continue ] を左クリック。

ライセンスを確認する

Click here to accept the Microsoft Software License Terms.
(訳)マイクロソフトソフトウェアライセンス条項に同意するには、ここをクリックしてください。

【4】ファイルを展開する場所を指定 > [ OK ] を左クリック。

先ほどダウンロードしたファイルを実行すると、2つのファイルが展開されます。そのファイルの保存先を指定します。

あとで移動することもできるので、わかりやすい場所でOKです。今回は「ダウンロード」フォルダに保存する前提で手順を進めます。

保存先を選択する

【5】「Files extracted successfully.」というダイアログが表示される > [ OK ] を左クリック。

ダイアログが表示される

Files extracted successfully.
(訳)ファイルが正常に抽出されました。

【6】「configuration.xml」「setup.exe」の2つのファイルが展開されました。

今回はMicrosoftからダウンロードしたツールと同じフォルダに展開されるようにしました。

展開された2つのファイル

configuration.xmlの編集

【7】先ほど展開したconfiguration.xmlを編集します。

configuration.xmlの上にマウスのカーソルを置き右クリック > [ プログラムから開く ] > [ メモ帳 ] などのテキストエディタを選び左クリック。

configuration.xmlをテキストエディタで開く

このようなテキストが表示されます。バージョンにより多少異なる場合があります。

configuration.xmlの内容

編集する部分は下記の場所になります。

  <Add OfficeClientEdition="32" Channel="Monthly">
    <Product ID="O365ProPlusRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>
    <Product ID="VisioProRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>
  </Add>

<Add~></Add>の間にある行を編集します。

【8】OfficeClientEdition="32"32の部分はインストールするPCのビット数を入力します。64ビット版のPCなら64に変更します。

  • 32: Windows 32ビット版
  • 64: Windows 64ビット版
  <Add OfficeClientEdition="32" Channel="Monthly">

【9】Channel="Monthly"Monthlyの部分は更新チャネルの値を入力します。

選択したチャネルによりリリースされるバージョンが異なります。

種類は3種類あります。

  • Monthly: 最新バージョンが随時追加される
  • Broad: 4ヶ月ごとに更新
  • Targeted: Broadよりは早めに新バージョンが更新される

MonthlyBroadTargetedのどれかを入力します。

安定した動作を重視される場合はBroadがオススメです。

【10】続いてはID="O365ProPlusRetail"O365ProPlusRetailの部分。

    <Product ID="O365ProPlusRetail">

Office 365 Business、Office 365 Business Premiumの場合は、O365BusinessRetailに変更します。

【11】en-usja-jpにすれば日本語版のOfficeをインストールしてくれます。

      <Language ID="en-us" />

【12】<Language ID="en-us" /></Product>の間にインストールしないアプリを指定する文を挿入します。

      <ExcludeApp ID="Access" />
      <ExcludeApp ID="Excel" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Outlook" />
      <ExcludeApp ID="PowerPoint" />
      <ExcludeApp ID="Publisher" />
      <ExcludeApp ID="Word" />
  • Groove: OneDrive for Business
  • Lync: Skype for Business

ここで指定したアプリはインストールされません。

この10個のアプリから必要なものだけ行を削除します。

【13】下記の3行は削除します。

    <Product ID="VisioProRetail">
      <Language ID="en-us" />
    </Product>

一括で別のプログラムをインストールできるようですが、今回はOffice 2016に含まれているアプリだけをインストールするので上記の3行は必要ありません。

【14】configuration.xmlの例

  <Add OfficeClientEdition="64" Channel="Monthly">
    <Product ID="O365BusinessRetail">
      <Language ID="ja-jp" />
      <ExcludeApp ID="Groove" />
      <ExcludeApp ID="Lync" />
      <ExcludeApp ID="OneDrive" />
      <ExcludeApp ID="OneNote" />
      <ExcludeApp ID="Outlook" />
    </Product>
  </Add>
  • Windowsは64ビット版を使用
  • アップデートは最新バージョンを随時追加
  • Office 365 Businessの契約
  • 日本語版のOfficeをインストール
  • OneDrive for Business・Skype for Business・OneDrive・OneNote・Outlookはインストールしない

上記の条件にする場合はこのようになります。

編集が完了したらメモ帳(テキストエディタ)を上書き保存します。

コマンドプロンプトからsetup.exeを実行

【15】コマンドプロンプトを起動する。

コマンドプロンプトの起動方法

コマンドプロンプトの起動方法はいくつかあります。

<Windows 全バージョン共通>
キーボードの [ Windows ] キー押しながら [ R ] キー > 「ファイル名を指定して実行」に「cmd」と入力して [ OK ] を左クリック

<Windows 10>
デスクトップの左下の [ スタート ] ボタン > [ Windows システムツール ] > [ コマンドプロンプト ]

コマンドプロンプトを起動

コマンドプロンプトを起動すると下記のような表示があります。

C:\Users\ユーザー名>

この部分は現在地を示しています。「ユーザー名」とはWindowsに設定したユーザー名のことです。

【16】C:\Users\ユーザー名>の部分を「configuration.xml」「setup.exe」の2つのファイルが保存されているフォルダの場所に変更します。

下記の文をC:\Users\ユーザー名>の後ろに入力してキーボードの [ Enter ] キーを押します。

「configuration.xml」「setup.exe」の保存された場所がダウンロードフォルダの場合。

cd C:\Users\ユーザー名\Downloads

デスクトップの場合。

cd C:\Users\ユーザー名\Desktop

cdというのは「移動する」という命令文です。

ディレクトリを移動する

現在地が「configuration.xml」「setup.exe」の2つのファイルが保存されているフォルダになっているか確認します。

移動できたか確認

【17】C:\Users\ユーザー名\Downloads>のあとに下記の文を入力してキーボードの [ Enter ] キーを押します。

Setup.exe /configure configuration.xml

セットアップファイルを実行

【18】ユーザーアカウント制御が出るので [ はい ] を左クリック。

UACが出たら「はい」をクリック

インストールが始まります。

インストールが始まる

インストールされるアプリのアイコンが表示されます。

インストールするアプリのアイコンが表示される

「すぐに完了します。」と表示されていますが15分ほどかかりました。

【19】「すべて完了です。Officeはインストールされました。」という表示が出たら、インストール完了です。 [ 閉じる ] を左クリックします。

インストール完了

ダウンロードしたファイル

ダウンロードしたファイル

一番左はMicrosoftの公式ページからダウンロードした「Office 2016 Deployment Tool」。

そして他の2つは「Office 2016 Deployment Tool」から展開したファイルです。

Office 2016をインストール後は必要ありませんので削除してしまって大丈夫です。

スポンサーリンク